常念岳〜蝶ヶ岳 (2010.8.1)   北アルプス専科

先週に引き続いて常念岳を登る。三股の駐車場は若干余裕があるものの先日入った車は路上駐車が多い。三股から前常念に向かって歩き出した途端、若い女性1名、50代の男性、そして30代のカップルにあっさりパスされる。登り口で体が温まっていないとは言え悔しいものだ。そのうち追いつくだろうと足を進めるが全く先が見えない。そんなに遅いつもりは無いのだが年には勝てないか。前常念の尾根に乗る直前で、50代の男性に追いつき尾根に乗った時にようやく30代のカップルに追いついた。やっと気分が良くなったので森林限界で初めての休憩をとる。ガスが上がって来ているが風が気持ちよいのでそのまま常念岳に立つ。三股から4時間なら上出来である。今日は行程が長いので15分ほど休憩して出発する。2つ目のコブの下りで若い女性に追いついた。スイスへトレッキングに出かける為のトレーニングなのでペースをあげているとの事。しかしエネルギーが切れたらしく蝶槍の登りで足が動かなくなったようだ。常念岳から蝶ヶ岳までは休憩する事も無く歩いてしまった。常念ではきれいに見えた槍穂高もガスの中で何も見えない。それでも蝶ヶ岳ヒュッテの自動販売機で冷えたビールを買って、梓川の景色を楽しんだ。


(行程)

三股駐車場(5:00) ー 森林限界2385m(7:35 - 7:40)   ー 常念岳(9:00-9:15) ー  蝶ヶ岳ヒュッテ(11:45 - 7:12:00)  ー マメウチ平(13:25 - 13:35)ー 三股駐車場(14:45) 

(装備)

おにぎり2個 ロールパン ナッツ1袋 レトルトカレー レインウエア 替えシャツ ピンチパック レモン水2L アセロラドリック500cc ipod デジカメなど

(その他)

最近続けて登っているので帰ってからの疲れが少なくなった。10年前よりは多少スピードが落ちたが、このくらい歩ければ良しとします。

登山口先でパスされたヒトに追いついたのは常念岳を過ぎてからでした
7時10分三角点通過 雲の動きが速くて蝶鑓がわずかに見えるのみ

森林限界付近ではじめての休憩をとったのは、出発して2時間30分後
ガスの合間に穂高連邦が見える

避難小屋を過ぎると常念岳が大きく見えて来る

左の写真は山スキーのドロップポイント 40度はあるのだが写真の迫力はゼロ
雲で西岳が隠れているので槍ヶ岳の美しい景色が拝めた
横通岳付近はガスが湧いて来た

奥穂高岳 これ以後山は雲に隠れてしまう
蝶ヶ岳へ向かって降りて行く稜線
お花畑と先に見える蝶槍
蝶槍のケルン
蝶ヶ岳展望は望めないがビールはうまい

マメウチ平でゆっくり休憩