常念岳 (2010.7.26)   北アルプス専科

蝶ヶ岳へ登るつもりだったが、ボケーッと運転していて、穂高カントリークラブの方へ向かってしまった。いまさら戻るのも面倒くさいので常念岳に行く事にした。夏とはいえ平日だけあって駐車場もすいている。登山者もかなり少ないようだ。登山道は木陰で涼しいので水分以外の休憩を取る事も無く常念乗越へ到着する。ここで小休止をするが、これから下山するらしい、まだ若いお姉さんたちがラジオ体操を始めた。音楽が無いので口音楽である。これがなかなか上手なので見入ってしまった。ここから1時間少々で山頂に立つ。振り向くとトレイルランナー(ゆうじんさん)である。話を聞くと2時間程度で三股から来たとの事ですごい足である。先週も鹿島槍でトレイルランナーに出会ったという話をしたところ、ご本人であったということで、23日に行われた富士登山競争のトレーニングをしたのである。そうすれば今日はさしずめクールダウンということか。いつかはご一緒したい所であるが、歯がたちませんから少しトレーニングしなければいけません。


(行程)

一ノ沢登山口(5:40) ー 烏帽子沢(6:55)  ー 常念小屋(8:40-50) ー 常念岳(9:50-10:15) ー  常念小屋(11:00)  ー 一ノ沢登山口(13:20)

(装備)

あやめだんご3本 パン2個 ナッツ1袋 レトルトカレー レインウエア ダウンジャケット ピンチパック 水2L アセロラドリック500cc ipod デジカメなど

一ノ沢登山口はなだらかすぎるが日蔭があって良いね
稜線は風が強いようで雲の動きが速い

春スキーの場合は烏帽子沢付近からスキーが使える しかし今日は徒歩
前常念から続く稜線は遥か彼方にある

山の花よりも里山の花が目立つ登山道
3000メートル以上の山々には雲がかかっている 少しだけ槍ヶ岳の穂先が見えた
常念小屋の前で口音楽でラジオ体操を始めたのは、まだまだ若いおねえさん そして右が山頂の祠
大天井岳へ続く稜線の奥には赤牛岳と薬師岳

正面が大天井岳 右が稜線を巻く横通岳 その奥が燕岳
2週連続でトレイルランニングの ゆうじんさん 先週は鹿島槍でお会いしました しばしの歓談

ブログに直リンク貼りました鉄人のブログを訪問してくださいな


暑そうな下界へ向かってスタート