爺ヶ岳と鹿島槍 (2010.7.19)   北アルプス専科

突然梅雨明したが連休初日の土曜日が仕事になってしまったので、宿泊はあきらめて日帰りのツアーを行う事にした。梅雨明け快晴は保証されているので少し距離の長い柏原新道から爺ヶ岳、鹿島槍の弾丸ピストンである。駐車場は幸い1台分のスペースが確保できた。4:45には登山道を出発する。朝は肌寒いくらいだが日が高くなるに従って気持ちよい気温になる。日帰り装備で荷物が軽いので爽快だ。体力を温存しながら爺ヶ岳に立ったときはまだ8時である。帰りの体力を温存しつつバームでドーピングを行い、鹿島槍へ向かう。至る所に花が咲いており、快晴と相まってすばらしい。山頂からは360度のパノラマを堪能して岐路についた。家に帰ると膝頭付近の30センチメートルがツートンに日焼けしていた。半ズボンと長い靴下のせいだ。火ぶくれにならないように1時間以上アイシングを行った。


(行程)

扇沢登山口(4:45) − 種池山荘(7:30) − 爺ヶ岳南峰(8:00-8:15) − 冷池山荘(9:10-9:20) − 布引山(10:10) − 鹿島槍山頂(10:40-11:00) − 赤岩尾根分岐(12:20) − 種池山荘(13:50-14:00) −  扇沢登山口(15:55)

(装備)

おにぎり3個 パン1個 ナッツ1袋 レトルトカレー レインウエア ダウンジャケット ピンチパック アミンの酸ウォーター2L バームパウダー2袋 ipod デジカメなど

(反省)日焼け対策 アミノ酸ウォーターが甘すぎた

八見ベンチからは遠くに八ヶ岳が見える
柏原新道からは蓮華岳 針ノ木岳 スバリ岳がきれいに見える


富士見坂は種池山荘へ向けてあと一息の地点にある 今回初めて気がついたので振り返って富士山を眺める

種池山荘(7:30)は大勢の登山者で賑わう
種池山荘は立ち寄らずに爺ヶ岳の山頂を目指す(7:40)振り返って剱岳
左は爺ヶ岳南峰  右が鹿島槍
爺ヶ岳山頂は団体さんが30名位以上で満員 写真に写り込まないようにするのが大変

山頂から安曇野方面を見る(08:00)
冷池山荘に向かって登山道は巻きながら緩やかに下って行く
キレット小屋から縦走して来る登山者とすれ違う
爺ヶ岳南峰から1時間程度で冷池山荘に到着 ご飯を食べて出発準備
冷池はいつも水があるが飲める雰囲気ではない 左手前が布引山で右が鹿島槍 大きく見えるのは右の剱岳
左が布引山の登り そしてとりあえずピークを踏む(10:10)
左は鹿島槍への登り 右は振り返って爺ヶ岳(布引山山頂にて)
信州側に雲が湧いて来た
鹿島槍南峰(10:40-11:00)柏原新道の入山口から6時間経過
対岸には剱岳が大きい 向こうから見てこちらが後立山連峰
遠くに槍ヶ岳そして手前は裏銀座へ続く稜線
種池山荘の奥に蓮華岳 さらに遠くに槍ヶ岳
見応えは 後立山連峰盟主から 立山剱の眺望
北正面に五竜岳 さらに奥には白馬岳
中央奥に富士山 少し雲が湧いて来たので下山開始
中央は布引山から西へ向かう大きな尾根 推理小説で道迷いをさせる殺人の舞台になった場所 松本清張だったかな?
冷池のテン場 眺めは良いが小屋まで遠いのが難点
冷池山荘は素通りして赤岩尾根分岐で休憩(12:20)山頂から1時間20分程度
戻る爺ヶ岳へは登り坂になるので精神的に良くない 幸いガスが出て来て涼しい
ガスが巻けば定番 ライチョウさんのお出まし
種池山荘で休憩(13:50-14:00) 無事下山したのは15:55分 12時間近くの弾丸ピストンツアーは終了
爺ヶ岳と鹿島槍のお花畑

そしてお食事
持参したおにぎりは3個
冷池山荘前にて
アミノ酸を補給