常念岳(2010.5.3)  北アルプス専科

山スキーでの常念岳は今年で3回目。一昨年は滑落で痛い目に遭っているので、好天が見込まれる本日はザラメ雪への期待も大きい。今年はそこそこに雪も多いのだが、上手くつながっておらずシールを貼れたのは1時間30分ほど歩いた頃である。先行者はツボ足小屋泊まりがほとんどであろう。スキーは我々の他に2人だけだった。一ノ沢最後の冬道である常念小屋へのツメはツボ足の穴でボコボコである。下山者の中にはアイゼンをつけて尻セードしてくる人もいて、危なくてしかたがないので側面を登り上げる。

常念小屋からは直登せずにトラバースし、一ノ俣谷の源頭を詰め上げる。早いかどうかはわからないがシールを貼ったままで山頂まで登る事が出来た。しかし足は一杯で、山頂に着いたときはガタガタであった。

暖かい山頂で景色を堪能してから、一ノ俣谷方面へ回り込む。自分は疲れていたのであまり下らずに前常念方面分岐へのドロップポイント手前で相棒を待つ。痩せた尾根を慎重に乗り越してからドロップ。雪はやや固いが一応ザラメ雪という事にしよう。

40度を越えそうな長い急斜面なので、慎重に入るが攻めきれずにシュプールが汚い。雪がつながっているところまで滑って一日は終了した。

一ノ沢(7:15) - 常念小屋(11:05) - 一ノ俣谷(11:30) - 常念岳(12:50-13:15) - ドロップポイント(13:50) - 一ノ沢合流(14:20) - 一ノ沢(16:00)


今日は暖かい朝7時過ぎに一ノ沢登山口を出発
ツボ足組でボロボロになった一ノ沢を常念小屋目指して進む スキーは我々のみ

常念乗越2460mまで跡少し 振り向いて安曇野
常念小屋からは直登せずにトラバース気味で北西面まで進み、一ノ俣谷の本流を詰めることにする
雪は緩んでいるが、なかなかの急斜面 最後までシールとクトーで登りあげた
山は快晴 来て良かった
準備をして前常念分岐方面へ向かう

定番の槍ヶ岳遠景


山頂から一ノ俣源頭経由でドロップポイントを目指す 右は常念岳のピーク
上部は少し固いがザラメ雪 なだらかそうに見えるのだが斜度は40度はある
クラストした斜面を削った雪が落ちてくるので気分的に怖い
下部はザクザクの雪でデブリもたっぷり 転んでも止まる
急斜面に攻めきれずにシュプールが汚い
16時終了