針ノ木峠(2010.4.24)   北アルプス専科

4月は寒い日と暑い日が交互に続いていて桜の見頃が長くなっている。年度がかわって初めてのスキーは針ノ木岳に決めた。いつもデブリの多い時期なので蓮華大沢付近で遊ぶことにする。大沢出会いで上部を観察すると雪がきれいである。そこで針ノ木本谷を目指す事にした。先行するのは5名、後続も5名程度か。マヤクボ沢付近で一相談。他のパーティーを横目に針ノ木小屋を目指す事にした。実はここを滑るのは初めてなのだ。雪は次第に固くなり中間部分からはアイスバーンになる。ピッケルとアイゼンが無い事に後悔しつつも、この斜面では戻る事も出来ないため慎重に上部を目指す。小屋に着く頃には天気が崩れ始めるが30分程度の休憩で景色を楽しむ。

薄日でザラメ雪になるとの期待は見事に外れで、急斜面を横滑りでだましつつマヤクボ沢方面に降り立つ頃には、足がガタガタになってしまった。高度を下げると、ようやくザラメ雪になりプチツアーは終了した。

扇沢(8:00) - マヤクボ沢出会(10:30) - 針ノ木小屋(11:40-12:10) - 扇沢(13:30)


扇沢の駅裏側から雪はつながっている。晴れているが寒い
針ノ木方面へ向かうパーティーは全体で10名程度

デブリが少ないので針ノ木本谷を目指す

午後に気圧の谷が通過するというがまだ天気はよい


マヤクボ沢へ向かうパーティーを横目に本谷を目指す。しかし雪は固い
なだらかそうに見えるのだが、中間部はピッケルとアイゼンが欲しかった。
針ノ木小屋は雪に埋もれていた

針ノ木小屋の奥は北葛岳と七倉岳。空が曇って来た


雪庇のアイスバーンを慎重に横滑りで降りる
ピークで滑降準備
13時30分終了