乗鞍岳位ヶ原付近(2010.3.22)   北アルプス専科

昨日までの春の嵐と黄砂で山スキーに出かける気がしなくなってしまったが、乗鞍ならお手軽という事で出発する。ゲレンデは強風だで、このまま帰ろうかとも考える。リフト売り場で尋ねたら、一番上のリフトが動いていないとの事なので、とりあえず1回券(400円)を購入して一番長いリフトに乗る。最終リフトは動いていないが、切符を買って来なかったのでそのままシールを張って詰め上がる。昨日若干の降雪があったみたいで10センチ弱の重パウダーが氷の上に乗っている。ゲレンデトップで、早速クトーをつけるが、これが正解で先行者を楽にかわして行ける。上には何十人上がっているのだろう。

重い雪だが一応パウダーということで、途中から一本滑り降りる。ここは上まで行ってしまうと帰りはギタギタに荒れてしまうところだ。再び登り返して位が原の下。何人かのスキーヤーが滑って来たので、もうここで終了。荒らされる前に、ささやかながらパウダーを楽しんだ。


最後のリフト手前からシールで登る
切り開きの道の途中で、我慢しきれなくなって一本滑る。これがファーストトラック
稜線は強風が吹いている。どうせ上はシュカブラだろうから行かない

振り返ると穂高連邦
昼前にはゲレンデに戻って終了