雨飾山(2010.2.21)   北アルプス専科

今日は暖かい。先日の安房山で凍傷になってへこんでいる。仲間を誘って雨飾山へ出かけた。先週30センチくらいは降ったはずだという。パウダーがあれば良いが。夏道付近を行くか、沢を詰めるか協議の結果夏道付近から詰める事にする。先行者はスノーシューだったが、登り坂に入る前に先頭に立つ。吹きだまりでは膝くらいのラッセルだ。穏やかな天気にも恵まれて、4時間程度でピーク2に立つ。最初の大斜面は照らされて重いので樹林帯を目指す。やはりパウダースノーが保存されていた。明日から暖かくなるとの事でパウダーシーズンも終了間際だ。


快晴での入山、先行者はスノーシュー
山小屋の手前で先頭に立ちラッセル開始

見た目はうるさいが、意外に疎林である
ブナ林にパウダーが保存されている 斜度はきつくないので登りやすい

尾根どおしは右側に大きな雪庇が出ているので巻きながら登る
気温が上がっているのでパウダーが心配

振り返って北アルプス


ピーク2に向かって高度を上げる
金山と天狗原山
ピークで滑降準備

雨飾山


10センチメートルくらいのところに弱層があり雪面が破断する
パウダーを狙って樹林帯に入る
やはり正解 振り返ると雨飾山には雲が出て来た