小日向山(2010.2.14)   北アルプス専科

小日向山の定番ルートはトレースが無い。先日の雨で固くなった層に10センチメートルくらいの新雪が積もっている。ずれて歩きにくいので比較的早い時期にクトーを装着する。尾根が細くなり急になると雪面がしばしば破断して、小雪崩となって落ちて行くので非常に気持ちが悪い。ついに尾根は諦めてトラバース気味に高度を稼ぐ。この雪だと滑るのが心配だ。4時間かけてやっと到着する。ドロップポイントから雪が破断していくので、後尾を滑るとアイスバーン滑降になってしまう。それでもブナ林に滑り込む頃には、底づきのしない上質なパウダーが保存されていた。ここはハズレが少ない山だ。

そういえば、今テレビで栂池から入山した富山のパーティーが無事下山したそうです。よかったですね。これは多分「横前倉山シーハイルルート」でしょう。ルート開拓者の内2名が、今日同行して心配していました。もっとも開拓者たちも最初の頃はビバークしたようですが。


本日は先行トレース無し 早速カモシカのお出迎え
先行トレースは無し

濡れザラメ層に10センチメートルの新雪
午後から下り坂に向かうらしい

雪面が破断して小雪崩を起こす


稜線に出て唐松岳を望む
山頂付近は360度の展望
ブナ林へ向かう
やはり期待どおりのパウダー