安房山(2010.2.6)   北アルプス専科

安房山のシーハイルルート。開拓者と一緒なので少々の悪天候は平気である。しかも強力なラッセルエンジンメンバーがいるので、とてもお気楽。しかし2007.1.7の二つ玉低気圧の雨飾山とくらべても遜色の無い強風が吹き荒れて辛い。

1911のコルで限界となり下る事になる。雪の状態が不安定なので登った尾根を降りようかとの話になるが、リーダーの判断により小舟まで下る。たたかれて少し重いがパウダーである。あっというまに小舟につくが、ここは盆地状の地形で無風となり救われる。シールを貼って丘を目指すが結構なラッセルなである。低温でシールトラブルに見舞われテープで応急処置を施す。国道の旧道は側壁からの雪崩が怖く、間を空けての歩行なので時間がかかる。最後は修行のような気分で中の湯へ滑り込んだ。


強風の中をラッセル開始
稜線はホワイトアウトに近く、しかも大変寒いので1911で終了

中の湯温泉で体を温める