大渚山(2010.1.17)   北アルプス専科

今年の初滑りは大渚山。取り付き地点を協議した結果、最短距離で登れる場所を選ぶ事になる。雪は十分についており、穏やかな峰に向けて足を進める。雪は深いところで膝上くらいだが、ほとんどが膝下のラッセルなので問題は無い。ブナの疎林から尾根を詰めて3時間程度で山頂に至る。晴れ間がのぞいていた斜面も、山頂は雲の中であった。雄大な沢筋を滑ろうかとも考えたが、陽に照らされて重くなっている可能性があったため、樹林帯へ入って行く。期待どおりのパウダーが保存されており、あっという間に滑り降りてしまった。


本日は先行トレース無し
気温はマイナス14度だが、空は青い

見た目はうるさいが、意外に疎林である
斜度はきつくないので登りやすい

山頂は、薄曇りで景色が良くない
確実なパウダーを狙うため、陽に照らされた沢を避けてブナ林を狙う
中斜面と緩斜面で心地よい滑りが楽しめる
30分足らずでスキーは終了
貸し切りの小谷温泉で汗を流す