白馬乗鞍(2009.12.26)   北アルプス専科

シーズンインはハクノリ。久々のヤマスキーだが今回のメンバーは、会の一軍選手ばかり。9時にゲレンデトップをスタートしたが、すぐに遅れ気味何なる。それでも山頂には2時間30分で到着しているのだからそんなに遅くないはずだ。

初めての裏面を滑る。パック気味だが一応パウダーである。歓声をあげて滑り降りたが、待っていたのは登り返し。これも仕方が無い。今日は上々だ。


トレースができあがっている
振り向くと雲を突き抜けての雲海

山頂目指して高度を稼ぐ

鹿島槍、五竜と八方尾根。なんと小日向山が山頂だけ島のようだ


2メートルほどの穴にはまる

天狗原から、更に進む
誰も行かない斜面は、若干パックされていたがパウダーだ