穂高岳(2009.8.17-18)   北アルプス専科

お盆明けに休暇をとることができた。快晴が期待できたので涸沢へ出かけた。テントを張って悠々と読書をするつもりでいたが、涸沢へ到着したのは、昼の12時頃である。何をするにしてもあまりにも時間が早すぎる。空は快晴なので出かけるしかない。早速テントを張って、北穂高岳へ向かって歩き始める。しかし運動不足がたたって、遅遅として進まない。あえぎながらやっと北穂高岳に到着すると、期待通りの槍ヶ岳がそびえている。紅茶を飲んでしばし寛ぐが、時間の制限もあってテントへ戻る。給水がうまくいかなかったのか脱水症状気味で、持参したビールを2本一気飲みとなる。雪渓で冷やした酒はとても美味しい。つまみにミートソースをつくったが、量が多すぎて動けないくらい食べたらウイスキーも飲みたく無くなって横になる。はじめての涸沢で興奮したらしい、新社会人と思われるパーティーが夜遅くまで騒いでいたのが耳障りだ。

早朝、目を覚ますと満天の星である。今日も快晴は保障された。疲れているので、そのまま横尾へ下ろうか、それともパノラマ新道を行こうかと思案したが、このまま帰ると後悔すると思って、ザイテングラードから奥穂高岳を目指す。山頂直下で足が痙攣してブルーになる。時間は朝の9時だから、そのうち治るだろうとゆっくり写真を撮る。奥穂高岳の山頂は絶景で気分が良い。あとは下るのみ。前穂高岳はパスして、重太郎新道をとぼとぼ下って2日間の旅は終了した。

自然観察を上高地の自然インストラクターに頼るのは、登山以外なら良いと思う
梓川の上流で遊びたい
横尾をベースにしたのは、旧き登山者だったか
本谷橋
涸沢ヒュッテ付近はビールを冷やすのに最適
昨年デビューの狭いテント
ミヤマトリカブトと前穂北尾
中央は常念岳
南岳と槍ヶ岳
イワツメクサ
涸沢カールまではまだ遠い
野菜は明日への活力
食事の分量を誤り食べきれない
奥穂へ行こうと決めた朝
定番の穂高連邦
遠くに常念
偏見をひとつ。オクホノコヤハショウバイッケタップリ
奥穂高岳への登りで振り返るタイミングがあえばこんな景色が
憧れでもなくなった穂高のジャンダルム
吊尾根の縦走路
西穂から奥穂へ
重太郎新道の下部
風穴で体を冷やして無事下山