天狗原山(2009.3.15)   北アルプス専科

昨日の暖かい雨の後に寒気が入ったとのことで、パウダーを楽しみに出発する。しかし大町へ入っても、白馬の町も、それどころか小谷すら道路は乾いており雪の降った形跡すらない。それでも山田旅館付近では1cmくらいの残雪が確認された。雪が無いのにも関わらず栃の樹亭までは車が入れてもらえないので最終スノーシェード付近に車を止めての出発になる。

快晴無風の本日は気温の上昇が予想されるので雪が腐るまでに滑りたい思いで一杯である。天狗原山への取り付きは、夏道が中心だが側壁から尾根に乗り上げる。クラストした雪の上に、うっすらと雪が乗り滑りやすい。自分は早々にクトーをつけての登りに切り替える。ブナ林の尾根は適度な斜面で歩きやすいが距離が長い。標高も1600mを過ぎる頃には、ところどころパウダーが保存されていた。山頂に着いたのは12時30分、しばし休憩後広大な沢に向かって降りてゆく。3月とは思えないパウダーですばらしい。ひとしきり滑り降りてから、別の尾根を目指して200mほど登りあげる。ここからの斜面も広大で、やや重いがパウダースノーである。ここの斜面は会で研究した斜面である。雪不足の今年は、下部が割れていて少々難儀したが無事大海川に合流した。