針ノ木岳(2008.11.30)北アルプス専科

2009シーズンインは針ノ木。扇沢にはうっすらと雪が積もっている。早速シールを貼って沢に取り付いて行く。大沢小屋を過ぎたあたりで2名が下ってくる。山スキーの世界では有名なDr.コンビである。雪質が安定しないとの事で、喉の手前で引き返して来たようである。弱層テストを行うと、やはり結合が弱い。安全のためメンバー間で距離をとって喉まで慎重に詰め上がる。マヤクボ沢は怖いので、スバリへと続く手前の尾根を薮から取り付いてゆく。視界が広がる頃には雪もパックされていて歩きにくい。標高にして2500mちょっと。針ノ木峠とほぼ同じ高度で本日の登りは終了。来た道を戻るのが本日の上筋だが、やはり名無し沢は美しい。シーハイル相談役が慎重にテストしてコース検討をしている。少々の心配はあるがこんな時の答えは大体検討がついている。

慎重にひとりづつ入って行く。やはり気持ちの良いパウダーだ。十分に堪能して2009シーズンの幕が開けた。

扇沢から雪はつながっている
逃げ道の無い沢筋を詰めるのは怖い
マヤクボ沢は避けて尾根に取り付く
快適なパウダーを堪能する