船窪岳縦走(2008.10.12-13)北アルプス専科

秋の連休は1泊しかできない。少し欲張って歩こうと船窪へ行くことにした。今回は「冴えないおっさん3人旅」普段はキャンプなのだが烏帽子と船窪の間は少し厳しかった記憶がある。泊まるならランプの船窪小屋と決めていたので決定する。幸い小屋締めのイベントなど盛りだくさんで、楽しい旅を満喫した。


10/12 扇沢(7:30) ー 針ノ木小屋(10:30) ー 蓮華岳(12:00) ー 北葛岳(13:45)  ー 七倉岳(15:10) ー 船窪小屋(15:30)

10/13 船窪小屋(5:30) ー 船窪キャンプ場(5:45-6:30) ー 船窪岳(7:05) ー 船窪岳P2(8:00) ー 不動岳(10:05) ー  南沢岳(10:30) ー 烏帽子小屋(13:10) ー 濁沢(15:10) ー 高瀬ダム(15:50)

扇沢から大沢小屋までは紅葉のトンネル。特にブナの紅葉が美しい。
扇沢は満車なのに針ノ木雪渓へ向かう登山者は10人にも満たないだろう。振り向いて爺ヶ岳。
針ノ木雪渓は上まで夏道になる。雪歩きが無いと高巻道となり、登るのに時間がかかる。
蓮華岳への登りで昼食のラーメン。この時期にのんびりとバーナーに火を入れられるとはラッキーである。
蓮華岳から北葛岳の間は、初めて歩く場所。500mの大下りは逆走したくないものである。
北葛付近は雰囲気が暗い。北アルプスの中でこれだけ静かに歩ける場所も珍しい。
北葛岳から大町市方面がきれいに開けている。
七倉岳から針ノ木岳方面の縦走路。やはり縦走路の雰囲気は暗い。稜線が痩せているからなのだろう。
七倉岳を経て船窪小屋へ到着。テラスで夕景色を楽しむ。
今日は小屋締めで、宿泊者に缶ビールロング缶がもれなくサービス。料理の品数が多くてびっくり。
ランプの下で、南極越冬隊に参加するDrのフルート演奏。
船窪の水場はザレザレの崖にある難所。細い水で給水し朝食にする。所要時間は1時間を越えた。
船窪岳から不動岳までは険しい道が続くので気が抜けない。
左の写真、白く崩落しているのは船窪岳。中央の写真は不動岳。
左は不動岳の奥に針ノ木岳。右は烏帽子岳へ続く稜線。
高瀬ダムの後に大きくそびえ立つのは唐沢岳。烏帽子岳に点在する池も美しい。
烏帽子岳と南沢岳。烏帽子岳の左は五色ヶ原、中央奥は立山。
ビールを購入しようと思った烏帽子小屋は営業が終了していた。ブナ立て尾根を下る。
高瀬ダムの上流濁沢付近の紅葉がピーク。紅葉見物の人がたくさん入っていた。