爺ヶ岳(2008.9.23-24)北アルプス専科

変則勤務の特権を生かして平日に絡めて爺ヶ岳へ出かけた。先週はガスの中で景色が見られなかったが今日は秋晴れだ。紅葉も始まっており気持ちが良いが少し寒い。時間はたっぷりあるが、劔岳の見えるキャンプ場で読書三昧を楽しむというのが初日の目的だったので、早速キャンプを張って寛ぐ。荷揚げした自宅の水道水が5リットルに、発泡酒2本とウイスキー、そこに果物が加わり重量があるが夜は楽しめる。その後2組がテントを張ったが、夜半から風が強まり雨になった。

明けて2日目、キャンプはガスに覆われている。当初鹿島槍へ往復して下山する予定であったが、稜線の風が異様に強くて寒いので気がそがれてしまう。天気予報では好天なのでガスが晴れることは見当がついていたが、早く帰宅して濡れたものを干したくなったので爺ヶ岳へ向かう。強風で寒いが拝んだ雲海の景色は近来まれに見る美しさであった。

9/23 扇沢(8:10) ー 種池山荘(11:10) ー 爺ヶ岳(12:00-12:30) ー 冷池山荘(13:30)

9/24 冷池山荘(6:00) ー 爺ヶ岳(7:00) ー 種池山荘(8:00) ー 扇沢(10:00)

爺ヶ岳も紅葉が始まった
秋空の中、遠く富士山まで視界がある
扇沢を見下ろしながら寛ぐ。今日はキャンプなので時間はたっぷり
双眼鏡を持参したので劔岳の源次郎尾根や三の窓雪渓などを十分に観察する
キャンプ場は冷池のテント場と決めていた
劔岳を眺めながら司馬遼太郎の「梟の城」を読む。至福の3時間
自家製アルコールバーナーでつまみを暖める。このバーナーはお湯を沸かす意外は実用的ではないです
爺ヶ岳への稜線で幻想的な景色に出会う
大町方面は雲の下
鹿島槍方面もガスが晴れた