蝶ヶ岳・常念岳(2008.9.16-17)北アルプス専科

敬老の日の連休が終わってやっと休みが取れた。体も疲れているので午後出発ができる場所を考えて蝶ヶ岳から常念岳のキャンプ縦走とした。初日は登るだけだが人がいなくてびっくりするくらいだ。ガス気味ではあるがこの時間では仕方がない。ブロッケンがきれいに見えていた。テン場には先客が1名。アルコールバーナーの作り方を教えてもらって、軽い懇親会となる。(バーナーは帰宅して早速作ってみた)

翌朝は5時に出発する。荷物も軽くなり快適である上にすばらしい天気だ。常念岳は貸し切りなのだが日差しが強すぎる。ゆっくりしたいところだが明日からの仕事に備えて早々に下山した。


9/17 三股登山口(12:00) ー 蝶ヶ岳キャンプ(16:00)

9/17 蝶ヶ岳(5:00) ー 常念岳(8:00−8:30) ー 三股登山口(11:40)


午後の出発。マメウチ平からは安曇野が見えた
蝶のテン場へ到着したのは夕方の4時、少しガスが出ている
稜線は少しすっきりしないが、展望は明日のお楽しみ

キャンプ場は二人だけ、ということで一献酌み交わす約束を
安曇野に向けて見事なブロッケンが登場、しばし眺める
教えてもらったウコンの力、そしてアルコールバーナーで懇親会
明け方の名月を撮影
松本平は雲の下、上高地方面は快晴
ご来光を拝んで5時過ぎに常念岳へ向かう


森林限界まで降ろされて常念岳への登り返しが始まる
大キレットを眺めている自分を撮影 ここが正面に見えるポイント 
ゴロゴロの岩稜帯に変わると登るのが楽しくなる
山頂は快晴ですこぶる気持ちが良い
涸沢カールが手に取るように眺められる
大天井岳の奥には裏銀座の山
常念岳から前常念へ向かって下山
紅葉の季節が近づいて来ているのがわかります
前常念の避難小屋