北アルプス深部定着(2008.8.31-9.3)北アルプス専科

双六岳 ー 槍ヶ岳 ー 三俣蓮華岳 ー 鷲羽岳 ー 水晶岳 ー 祖父岳 ー 雲の平 ー 黒部源流


8月31日(日) 晴れ時々曇り 

新穂高温泉(5:00) ー 鏡平(11:00 - 40) ー 双六キャンプ場(13:40)

お盆休みも無しで働いたのでようやく代休を取得することができた。目的地は定着で水晶岳へ登ることに決めた。水晶へ向かうのは何年ぶりだろう。今回は定着なので生野菜などを荷揚げした。重量は25キロくらいである。比較的緩やかな登りだが肩に重さが食い込む。途中で、鏡平小屋の主人と一緒になりプラムをごちそうになる。これで元気が出て鏡平小屋へ到着する。ここまで来れば残りの登りも気が楽だ。体力を温存しつつ双六のキャンプ場に到着した。

25キロの荷物を背負ってわさび平から小池新道を登る。
鏡平の小屋で一息入れる。昨日まで雨だったが、今日から持ち直したようだ。
弓折乗越からの登りで対岸のガスが晴れた。
双六岳へ向かう快適な稜線。
空は高曇りだが目的地は双六小屋のキャンプ場なので、あとは休むのみ。
荷揚げした荷物の棚卸。そして夕飯は夏野菜カレー。
9月1日 晴れ

双六キャンプ場(5:00) ー 槍ヶ岳(9:00) ー 双六キャンプ場(12:15 - 13:00) ー 三俣キャンプ場(15:40)

今日の目的地は槍ヶ岳。当初計画では最終日に縦走する予定であったが、好天の予測で空身での往復とする。初めての西鎌尾根は登りやすくて快適である。北鎌尾根も美しい。荷物が軽いので誰よりも早く槍ヶ岳に着いたが残念ながらこの時だけガスになった。再び景色を堪能しながら双六のキャンプに戻った時には、まだお昼なので昼食のラーメンを食べてから三俣のキャンプへベースを移動した。

今日は快晴になるだろう。振り返ると丸くて大きい双六岳。
目指す槍ヶ岳は遥か彼方にある。北鎌尾根のシルエットが美しい。
アップダウンを繰り返して千丈乗越を過ぎると、西鎌尾根の登りになる。
槍ヶ岳へ登る3つの尾根のうち、西鎌尾根が最も安全で登りやすい。
槍ヶ岳の山頂はガスになってしまった。懐かしい北鎌の裏へ少し降りてみた。
視界が悪いので早々に下山して、西鎌尾根から双六のベースキャンプに向かう。
弓折岳を眺めながらお花畑で休憩。
双六岳のキャンプ場無事帰着。昼食を済ませてキャンプをたたみ三俣蓮華のキャンプ場へ出発。
疲れている上に荷物が重いので、稜線を歩かずに巻き道を行く。
鷲羽岳と三俣蓮華岳を眺めながらの登りは誰にも会わない。
三俣山荘のテラスから槍ヶ岳がのぞいたのでズーム。
9月2日 晴れのち曇り  

三俣キャンプ場(5:00) ー 鷲羽岳(6:00) ー 水晶岳(7:50 - 8:20) ー 祖父岳 ー 黒部源流 ー 三俣キャンプ場(12:45)

今日はキャンプを張りっぱなしにする。天気もよいので予定通り鷲羽岳と水晶岳のピークハントへ向かう。やはり早朝は視界が良好で、すばらしい景色を堪能する。昨年同様赤牛岳へ行くことも考えたが、下から登ってくるガスを見て目的地を変更して雲の平へ向かう。懐かしい祖父岳と日本庭園を堪能し、黒部源流経由でキャンプへ到着すると、曇りもようになる。小屋のテラスで持参した本(エンデュアランス号奇跡の生還)でのんびりした時間を過ごす。夕方になり単独のキャンパーたちと意気投合して酒宴を張った。

今日は空身のトレッキング。まずは鷲羽岳へ向かう。三俣蓮華岳の後ろに笠ヶ岳。
左は黒部ダム、中央は鷲羽池、そして右は目指す水晶岳。
遠くに後立山連邦がくっきりと見える。
水晶岳へ向かう稜線には穏やかな花畑が広がる。
中央は目指す水晶岳。右の写真は黒部ダム。
水晶岳の山頂で記念撮影。赤牛岳の先にあるのは針ノ木か。
薬師岳と黒部五郎岳。中央の雲の平へ向かうことにする。
プレハブだった水晶小屋は昨年建て替えした模様。大分大きくなったようだ。
岩苔乗越を経てケルンの林立する祖父岳の山頂へ出た。
そして雲の平、日本庭園を散歩する。ガスが出て来たので雲の平山荘見物は中止とした。
祖父岳から黒部源流へ急な下りを行く。しかしその後は登り返しが待っている。
黒部源流で一休み。大分ガスが出て来たのでBCへ急ぐ。
単独キャンパー3人で意気投合して酒宴を張る。
9月3日   

三俣キャンプ場(5:00) ー 三俣蓮華岳(6:00) ー 双六岳(7:15) ー 双六小屋(8:1030) ー 鏡平(10:00) ー わさび平(12:30-50) ー 新穂高温泉(14:00)

今日は下山日。実は予備日はとってあるが天気予報が思わしくないことに加え、狙っていたところは登ってしまったため無理矢理定着する必要はなくなった。朝から降られることは覚悟していたが幸いまだ晴れている。少し強行軍になるが、三俣蓮華岳と双六岳のピークを踏んで帰ろうと尾根に乗る。視界が効いて得をした気分だ。笠ヶ岳の付近に虹が立っているので天気は間もなく崩れるだろう。双六小屋では霧雨になった。ガス模様の中をどんどん高度を下げて行く。わさび平の安全地帯に帰着した時、本格的な降りになったが、傘をさして旅の終わりを迎えた。

三俣蓮華岳は、長野県、富山県、岐阜県の3県にまたがる要所。百名山に選出されなかったのは山の形が悪いからか。
笠ヶ岳の近くに朝虹が立った。もうすぐ天気は崩れてくるだろう。
双六岳へ向かう稜線から槍ヶ岳を眺める。まだ晴れている。
双六岳の山頂は広い。ここの沢はスキーに良さそうだが、登り返しが必要になりそう。
双六小屋へ着いた時にはガスの中になって来た。
後は下山を急ぐのみ。わさび平小屋からは雨になったので傘をさして歩いた。