パノラマ銀座縦走(2008.8.22-23) 燕山荘-大天荘-常念小屋経由北アルプス専科

嫌がる女房に運転をお願いして常念の下山口一ノ沢林道に車をデポし、約束通りシャクナゲ荘の駐車場に到着したのは午前6時。6時15分初のバスに乗るには十分な時間だ。しかしバス停で待っていて何気なく時刻表を見て愕然とする。バスの出発は5時15分で、次は8時10分なのだ。確かに自分のメモにも5時15分と書いてあった。この状況で時間待ちも嫌だが、タクシーを呼ぶのでは行動が間抜けすぎる。がっかりしていたところ、すぐ近くで熱気球が上がったのでギャラリーに行く。夏休みイベントで有料体験だそうだ。風が出てくるので飛ばすのは8時までとのこと。暇なので初体験するが結構良い眺めで嬉しくなる。そうこうしているうちに時間が過ぎてバスに乗る。中房温泉出発は9時になってしまったが天気が持てば問題ないだろう。宿泊装備なので喘ぎながら登りる。稜線へ出たときには12時30分を過ぎている。燕山荘でジュースをお買い上げで元気をつけるが、表銀座の一番快適な稜線で両足が痙攣する。サロメチールを塗りマッサージをするが、運動不足と体重増加が露呈する。明日は天気が崩れるみたいだが今日は景色が良くて快適である。大天井につく頃にはガスが出て来たのでピークは踏まずに食事になった。

起きると予定通りの雨で視界は無い。午前4時30分にヘッデン装着で出発。9時には速攻で下山となった。

8月22日

シャクナゲ荘 (6:00-8:00)ー 中房温泉(9:00) ー 燕山荘(12:35-13:00) ー 大天井(16:30)

8月23日

大天井(4:30)ー 常念小屋(6:55) ー 一ノ沢林道(8:55)  ー 駐車場(9:10)

バスの時間を間違えて途方に暮れていたら熱気球が上がっていた
早速乗ってみることにする。料金は2400円でわずか6分
高度は30メートルくらいか? 穂高の樹海が美しい
中房出発は9時になってしまった
上昇気味のガスではあるが視界良好なので安心する
燕山荘まで喘ぎながら登る。運動不足で足が止まってしまった
表銀座を南下する
槍ヶ岳北鎌尾根が圧倒的な迫力で近づいてくる。もう登ることは無いかもしれないと思うと寂しくなる
目指すは正面大天井岳
振り返ると県警のヘリが長時間ホバーリングしている。小林喜作様のレリーフの前で至近距離まで来て監視していたヘリだ
左は大天荘直下でのブロッケン現象 ということでピークはガスだった
キャンプを張って一人宴会 2000年以来8年間使い尽くしたテントは今日で退役です
大天井から常念一の沢林道まで4時間30分で下山