蝶ヶ岳(2008.7.13) 北アルプス専科

蝶ヶ岳登山口駐車場(7:00) - 蝶ヶ岳(10:30-12:00) - 蝶ヶ岳登山口駐車場(7:00)

梅雨の合間の蝶ヶ岳、お上が梅雨明け宣言をしない限り登山者は出かけてこない。登山道には雪が無く完全な夏道である。空を観察しながら登ると、低気圧が近づいてくる様子が手に取るように分かる。雲が増えたので当初の予定を1時間繰り上げて下山になる。駐車場につく頃には雨がパラツキだした。

三股出発は7時。梅雨の合間の快晴
常念沢を撮影 中央はゴゼンタチバナ 
山頂付近には、ハクサンコザクラの鮮やかな色が
シナノキンバイとキヌガサソウ
蝶ヶ岳ピーク付近に槍ヶ岳が顔を出す。右の山は常念岳
槍ヶ岳
穂高連邦から槍ヶ岳へ続く稜線をパノラマ風に
砂礫地帯にはミヤマキンバイとイワツメクサの花畑
10時30分から12時まで寛ぎタイム
少し雲が増えてきたので退散することにする
蝶ヶ岳ヒュッテ 右の写真は安曇野