鑓ヶ岳温泉沢源頭直下(2008.4.27)北アルプス専科

仕事が変則勤務となってしまったので、週末だけのスキーという訳には行かなくなっている。GW明けの平日なので単独である。先週の針ノ木岳はデブリが多かったので、今回は鑓温泉と決めた。

猿倉の駐車場には数台停まっているが人影は無し。猿倉総経由で適当に林道まで詰め上がる。幸い雪がつながっているので早速シールを装着する。長走沢の堰堤もきれいに埋まっており快調に登って小日向のコルに到着。貸し切りだと思っていたら、先行者のテレマーカーが2名いた。聞くと、コルにテントを張って今日は鑓温泉までピストンとのこと。若いペアだったから入浴を遠慮して、鑓温泉から上に向かうことにする。温泉上の喉を抜けると視界が大きく広がりザラメの大斜面が見えてくる。これは得をした。うれしい気分で高度を稼ぐが今日の天気は下り坂である。2500mを過ぎると風が出てきてバーンは氷化してくる。安定してシールを剥がせる尾根の出会いまで歩いて本日は終了。しばし慎重に降りるとザラメに変わるので、快調にとばして鑓温泉へ戻る。先ほどのテレマーカーは下山する準備をしているので貸し切りで入浴だ。湯船でしばしくつろぐことができた。風呂から上を眺めていると単独のスキーヤーが降りてきた。どうやら自分の先にまだ先行者がいたらしい。話を聞くと頑張って稜線まで出たがカチカチなのであきらめて引き返したとのこと。横滑りで下まで降りたとのことなので終了地点は正解だったようだ。長走沢もきれいなザラメで気持ちの良いスキーを楽しめた。まだまだ遊べそうだ。


猿倉登山口(6:00) ー 小日向のコル(7:30)ー 鑓温泉(8:55) ー ドロップ地点2575m(10:30)ー 鑓温泉(11:00-11:30)ー 小日向のコル(12:15)ー 猿倉(12:45)


ASC 1855m DSC1840m  MAX2575m

猿倉荘から雪はギリギリつながっている
長走沢はきれいなザラメ雪
小日向のコルを経由して温泉に詰め上げる
鑓温泉から源頭に向かう沢を登る
沢が開けて良い感じのカールに向かう
2600m付近でアイスバーンに変わる。今日はこれで止め
鑓温泉に入ってビールタイム
快適なザラメ雪で午後1時にはツアーが終了