針ノ木岳(2008.5.5)北アルプス専科

ゴールデンウイーク後半の子供の日。昨日まで仕事だったので、ようやくとれた休日である。しかし連休にあって今日だけ天気が悪いという予報が出ている。扇沢駅の駐車場は余裕がある。登山道は汚いが雪がつながっていそうなので早速シールを貼る。泥と枯れ木の混じった雪を右岸沿いに巻くように歩いて行く。大沢出会いまで1時間弱で到着する。大きなデブリ地帯である。出会いにはテントが数張ある。雪訓を行っているパーティーのものであろう。出会いから喉付近まで、デブリはあるが柔らかくて滑れそうだ。前方に数人歩いているのが見えるが針ノ木小屋へ向かう登山者のようだ。マヤクボ沢はきれいなザラメで安定しているので源頭部へ向かって詰めて行く。滑り止めに装着したクトーが効果的だ。山頂直下のコルに到着したのは12時30分。ピークを踏もうかとも考えたが、雨になりそうなので、予定通り滑降に入る。重いザラメだから足を取られるが、急斜面は怖くない。あっという間にマヤクボ沢出会いまで滑り降りてしまう。5時間近くかけて登った山も滑りに要した時間は1時間弱であった。


扇沢登山口(7:45) ー マヤクボ沢出会い(10:30)ー マヤクボ沢源頭(12:30) ー 登山口(13:30)


ASC 1340m DSC134m  MAX2770m

扇沢から雪はつながっている
ゴールデンウイークなのに貸し切り
針ノ木谷と爺ヶ岳
左の写真は蓮華岳
針ノ木岳のコルから爺ヶ岳
針ノ木谷滑降