常念岳(2008.4.27)北アルプス専科

2年ぶりの常念詣で。天気予報では快晴だが朝は霧雨が降っており登山口はガスっぽい。それでも好天を願って登り始める。1700m過ぎたくらいでようやくシールを貼ることができた。本当にアプローチの大変な山である。ガスが晴れると暑いくらいである。常念乗越まではデブリも無く快調に詰めていく。常念小屋の上に出たのは11時。時間も早いのでピークを狙うことにする。ところが風が強くて煽られる上、カチカチのアイスバーンなので途中から、ピッケルとアイゼンに持ち替える。しかし高度を上げるにつれて更に風は強くなるので対風姿勢をとりながら行くも限界を感じて南面から回り込むようにドロップに入る。下まで続く大斜面は40度以上であろう。吹きだまりを期待して慎重に入ったが、期待は裏切られ、氷の斜面である。横滑りを中心に降りていくが斜度に耐えられずついに転倒する。幸い足が下だったのでブレーキをかけるが全く停まらない。50m以上滑落してようやく止めることができた。流される間も不安が渦巻いたが、ブレーキをかけて止めることを諦めなくてよかったと、つくづく心に感じた一瞬であった。

こんなことでビビってしまうと、もう今日の滑りは終わっている。常念小屋方面の緩斜面に逃げる。もう安全なはずだが神経が参ってしまい。腐れ雪をヨタヨタと滑り降りるのが精一杯であった。


登山口(7:15) ー シール装着(8:30)ー 常念乗越(11:15) ー ドロップ地点(2720m)ー 登山口(14:50)


ASC 1450m DSC1450m  MAX2720m

シールを貼れるのは1700mより上から
ガスが晴れて快晴の様相を呈してきた
夏道を右手に見ながら狭い沢を詰める
もう少しで常念乗越
強風に雲が湧く
常念小屋を見下ろす。アイスバーンがきついのでアイゼンとピッケルに持ち替える
左は槍ヶ岳、真ん中常念小屋、右横通岳
2720付近まで頑張るが強風に耐えられず敗退してドロップ。しかしアイスバーンで転倒し50m流される。ああ怖かった。