木曽駒ヶ岳-将棋頭山(2008.4.5)

久しぶりの千畳敷カールに到着したのは、8時山ヤさんは結構入っているが、スキーの機動力を生かして滑り降りる。ここで今日のトップは確定した。雪が硬そうなのでアイゼンを装着しての担ぎに入るが、これが大失敗。雪の踏み抜きで体力を消耗する。それでも無事に木曽駒ケ岳の山頂を踏んでから滑降に入るが、カリカリのアイスバーンでのルンゼ滑降は危険であるとの判断で、再び木曽駒ケ岳に戻ることになる。慎重にルートを見極め、広大な斜面に入って行く。上部こそ硬かったものの、徐々に重いパウダーに変わる。しかしこれも束の間の出来事であり、2300mまで高度を落とすと滑りにくくなってくる。ここから主稜線へ登り帰すが足並みがそろわずにことのほか時間がかかってしまった。将棋頭山へ着いたのは、夕方の4時。時間的にも遅くなっている。硬めの斜面を滑り出すが、すぐにモナカ雪となり苦しむことになる。騙しながらの滑降で泣きを入れたくなってくる。日没直前に堰堤までたどりつけたが、夏道についた雪は殊のほかに危険である。林道にたどり着いたときには日も暮レテヘッドライトで自動車のデポ地へたどり着いた。


千畳敷2640m(8:12)〜カール底2610m〜宝剣肩(09:05)〜中岳2925m(9:40)〜2870m〜駒ケ岳2956m(10:00-40)〜駒ケ岳東斜面2880m(10:55)〜駒ケ岳2956m(11:30-43)〜細尾沢2290m(12:10-30)〜主稜線2780m(14:10-15:00)〜2630m(15:20)〜将棋の頭山2730m(15:40-16:00)〜シラベ平(17:00)〜堰堤(18:20)〜林道終点(18:30)〜桂木場1280m(18:50)〜小黒川キャンプ場1070m (19:17)