金山沢(2008.3.23)北アルプス専科

ゆるゆるの日程で金山沢へ出かけようとの事になった。二股で合流して栂池高原に向かう。久しぶりの栂池であるが道路や駐車場には全く雪が無い。当てにしていなかったゴンドラも運行開始したようなのでありがたく利用させていただく。これで日程は更にのんびりとなった。ツアースキーヤーが異様に多い事に驚いてしまうが、ほとんどがハクノリ方面であり自然園方面に向かうのは10人程度であった。

ゴンドラトップで、ヘリスキーガイドをして滑り降りてきた友人に話を聞いたところ、天狗原から下もガリガリのアイスバーンであり、楽しめなかったとのことである。午後から下り坂に向かうようであるが、日差しがあるためザラメ雪になることを期待しながら高度を稼いでいく。振り返ると蟻の行列のように後続者がいる。パウダーは無いので抜かれることを嫌って急ぐ必要が無いことがありがたい。モナカ気味の雪だが、この調子で照ってくれればザラメになるだろう。しかし残念なことに2400m付近まで登ると日差しが陰り、風が出てくる。足元はアイスバーンなので元気が出ない。急斜面なのでクトーを装着しようかと悩む。先行者はドロップに入ったがアイスバーンを削る音が耳に近い。転倒して50mも落ちていくスキーヤーも目に入る。悩んでいるうちにガイドツアーらしきスキーヤーが追いついてきた。船越ノ頭まで行くのは簡単だが、もう面倒くさくなった。板をはずして安定できる場所を捜してシールを剥がす。アイスバーンのねじれ斜面を50mほど慎重に高度を落とすとザラメ雪に変わってくる。金山沢への先行者は、トップで降りたテレマーカー3名である。重いザラメ雪を堪能しながら高度を落としていく。雪も安定しており楽しいものだ。あっという間に終点まで降りてしまった。カップラーメンなどで、のんびりと昼食を楽しんでから緩んで重くなった林道を駆け下った。

栂池ゴンドラトップ(9:10) − 2065m(10:10) − 2500m尾根ドロップ(11:30) − 金山沢末端(12:35-13:10) − 二股(14:00)