一難場山(2008.3.15)


豊科(6:05) − 小谷道の駅(7:45-8:00) − 木地屋630m(8:30) − 680m(8:55) − 大所第2発電所490m(9:40-10:00) − 送水管730m(10:30) − 杉の平880m(11:40-12:00) − 一難場山(13:30-14:00) − 870m(15:30) − 木地屋630m(15:40)


週末は、空沢山か聖山か悩んだが結局聖山に参加することにする。木地屋からの出発であるため、大所第2発電所から取り付くのだろうと見当をつける。しかし、いかにもゴルジュが深そうである。個人的には赤禿山の稜線から行くことも研究していたが、尾根歩きが主で滑りが少なくなってはつまらない。

除雪終了地点から木地屋の集落へ戻り駐車スペースを確保する。一山越えてから、大所第2発電所へ向かう。距離が短いのでツボ足での移動になるがシールを装着したほうが結局早かったようだ。大所川の急な側壁から発電所に降り立つ。ここであたりを見回してみるが事前情報により、期待していた橋など全く無い。思い違いのガセネタをそのまま信用してしまったようだ。渡渉できるような水量でもないため作戦会議を行ない、目的地を蒲原山へ変更する。発電用の送水管に沿って登りあげていく。地形図を見ても、なかなか難しくて自分ひとりであった場合はルートが開けないかもしれない。高度を上げすぎないように杉の平へ向かう。樹林は美しいが地形が読めない。

12時近くなってようやく、杉の平も終了した。いよいよ登りに差し掛かるが随分ロスしたものだ。美しいブナ林への登りは、これと言った急斜面も無くワンピッチで一難場山のピークを踏むことができた。あと30分も登れば蒲原山にも到着できるだろうが滑降するのに楽しそうではないので今日はここで終了となる。

運よく、ガスも晴れて展望が良くなる。雲海の上の北アルプスが特に美しい。樹林帯の滑降は、やはり重いザラメ雪で足をとられる。ガスの中に入ってしまったので視界も悪いが、登りのトレースを見ながら高度を落とすと、すぐに杉の平へ到着してしまった。ここでシールを張って水平歩行に入るが濡れたシールが全く板に付かずにはがれてしまう。極め付きはスノーブリッジで剥がれて転倒。崩落しなくて良かったと思える瞬間であった。最後は林道をかっ飛ばして木地屋へ到着した。

 

ランドマークの人工構築物まで降りたが徒渉できずに敗退


転戦してクロカン歩行


尾根に乗るがガス模様


山頂付近


ガスが晴れた


今日の雪は


重いザラメ雪