乗鞍山塊金山岩わさび谷左俣滑降(2008.3.9)

平湯温泉スキー場ではクロカンレースが行なわれるらしく駐車場は満車に近い。それでもなんとか最後の1台として駐車できた。ゲレンデトップまでは長いリフトを1本乗るだけである。回数券2枚、600円が必要になるが、400m以上高度を稼げるのでありがたい。ゲレンデトップでは、2名のテレマーカーと、5人パーティーの登山者、そして1870mピークからプチ滑降を狙うゲレンデボーダーが準備している。早速シールを張り出発する。歩き始めて間もなく先行者をパスするが、前日のトレースが入っているのでラッセルは皆無である。高度を上げるに従い、左には笠ヶ岳や穂高連峰がきれいに見える。そして目の前には四ッ岳や猫岳が大きく近づいてくるので、歩きが楽しくなる稜線である。標高2200m付近では「時間も早いので目的地を四ッ岳に変えてはどうか」という提案もあったが、予定通り2524ピークを目指すことになる。2385mの森林限界から上は、風に叩かれて氷化しているためアイゼンを装着してピークを踏む。快晴で360度の展望はすばらしい。山頂はカリカリのアイスバーンであるため、十石山方面へ回り込んでから広いバーンに入っていく。アイスバーンの急斜面は、横滑りで20mほど高度を落としてからトラバースして大斜面の中央部分の滑降に入る。最初はクラスト気味だが間もなくパウダーに変わり、2350m付近までターンを刻む。ここから北の尾根に乗ることも検討していたのだが、雪の状態が安定していることに加え、深く入った美しい沢を間近に見た途端に全員の気が変わった。二人の滑降写真を撮るためにファーストトラックを頂くことになる。パウダーも斜面も文句なしで素晴らしすぎる。雪崩れたら逃げ場が無いので、とりあえずの安全地帯まで一気に滑り降りてしまった。確信犯では無いことを付け加えさせていただくが、申し訳ないことに約束の写真撮影がおろそかになってしまった。ワサビ谷左股の2050m付近は喉のように狭くなり傾斜が増す。今回は埋まっていたが、小さな滝が繋がっているカンジなので、春スキーに入る場合はザイルを用意したほうが良いかも知れない。中斜面になってからもパウダーは保存されており1700m付近までは楽しいスキーである。最後は針葉樹林帯のツリーランから安房の旧道を抜けてツアーは終了した。

今回はメジャーな金山岩なので下調べをしないで出かけてしまったが、下山後にネットで記録を検索したら、森林限界の2385m付近に板をデポしてから空身でピークを踏んだ後に、尾根伝いにワサビ谷へ下りるというのが一般的なコースであったらしい。

平湯温泉スキー場(8:20) − 2050m台地(9:40-50) − 2385m森林限界(10:50) − 2532ピーク(11:15-30) − ワサビ谷二股1920m安全地帯(12:10) − R158旧道1630m(12:40) − 平湯温泉1300m(13:15) − 平湯温泉入浴(13:50)

 

岩から上が森林限界でアイゼンを装着する。それまでは左手に穂高連邦を眺めながら快適に歩ける。

四ツ岳と大崩山

笠ヶ岳から双六岳へ続く稜線

南に乗鞍岳主峰

高度を落とすとパウダーに変わる

急なルンゼの滑降は雪崩に気を使いながら一気に滑り降りる