乗鞍高原位ケ原パウダー早食い(2008.3.2)北アルプス専科

 本日、午前中のみ時間が取れたので乗鞍高原スキー場へ出かけてみた。リフトの1日券は4,000円、半日券でも3,300円とのことである。到着した時間から考えるとゲレンデスキーはコストパフォーマンスが悪いので、肩ノ小屋付近までの山スキーに切り替えることにした。ゲレンデトップに着いたのは9時を回っていた。前方にはバッチリとトレースが付いているが、前方を歩いているスキーヤーとボーダーの多さにはびっくりする。見えているだけで30人以上の取り付きだから先の多さを想像しただけでうんざりする。しかし昨日20cmほどの降雪があったようでトレース以外は良質のパウダーが保存されているので頑張ることにした。

幸いな事にスノーシューを履いたスノーボーダーが多く、登りに苦労しているようだ。また、踏み固めたれたトレースを付いていくのは時間的に効率が悪いので、自由にトレースをつけながら高度を稼ぐことにする。これが幸いして唯一の急斜面ともいえる、最初の斜面で大集団をパスすることに成功した。切り開きの緩斜面では、まだまだ先行者がいる。今日は天気も穏やかなので皆ピークを目指すのだろう。頑張った甲斐があって、位ケ原に出たときには、先行者は2名だけという状況になった。少し風が吹き出しており、雪は若干パックされているようだ。

ここで突如気が変わった。今年の1月にピークを目指した結果、位ケ原から下がギタギタに荒れていたことを思い出したからだ。早速シールを剥がして準備を整え、純白の斜面に汚いトレースをつけていく。やや重パウダーで緩斜面の滑降ではあるが、続々と登ってくる人たちに先んじて滑降する気分は最高である。標高にして2200m位の2番プレートまで滑り込んでからシールを貼って登り返すことにする。再び位ケ原まで登り返してトレースを眺めるが、ここを降りたのは、まだ2〜3名のようだ。気温も高いのでここの雪が腐るのも時間の問題であろう。予定通りここから再びパウダーを頂くことにする。途中、乗鞍へ来ると必ず出会う「乗鞍大雪渓website」のマスターと雑談など交わしてのんびりと降りていく。この人数の多さの中で、削られていない雪面を2本も滑れたので今日は満足としよう。

リフト券売り場(8:50) − ゲレンデトップ1980m(9:15) − 位ヶ原2435m(10:10) − 2200m(10:25) − 位ヶ原2460m(11:05) − 駐車場(11:40)


雪庇が少し張り出している


乗鞍岳本峰方面


2本目になると少し荒れてくる