小日向山(2008.2.17)

【記録】昨日まで白沢天狗尾根滑降で調整していたが、急遽参戦することになった柄澤さんの希望もあり、目的地は小日向山に変更する。白馬へ向かう車でも降雪は確認されていたが、身支度をする頃から雪の降り方は強まってきた。二股の橋の上も除雪された駐車場も1台の車も無いとは珍しい。猿倉へ向けては除雪車と思われるキャタピラーのトレースがあるのでありがたい。途中では人馴れしているカモシカが出迎えてくれる。林道の分岐から、本格的なラッセルに入る。膝くらいの乾いた雪で結合は良さそうだ。1400mくらいの尾根が広くなり始める頃には雪がやみ薄日が射してきた。Ageeさんは珍しくアルペンスタイルだが、ファット&ロング板なので登りに苦戦気味である。山頂に到着したのは12時30分。寒いので、さっさと身支度を整えて、奥の滝ノ沢源頭方面へ向かって滑り始める。すばらしいオーバーヘッドパウダーで口の中まで粉雪が飛び込んでくる。ここ1週間の強い冬型傾向の雪は、毎日数センチづつ積もり続けたようだが、常に低温傾向だった為か、そのままの状態で深いパウダーが保存されている。下まで落ちていきたい気もするが、安全のためブナ林へ向けてトラバースに入る。林道まで続くドライパウダーを十分に堪能して今シーズンで一番のパウダーツアーが終了した。帰りの車の中、Ageeさんは満足のため息「ああぁぁぁー」を連発していた。