蒲原山(2008.2.11)

湯原430m(8:10) − 1260p少し上の稜線(10:55) − 蒲原山(12:05-40) − 1100m登り返し(13:30) − 湯原430m(14:45)


シークレットコースである蒲原山のパウダーを求めて豊科の駐車場に集結する。湯原付近は雪が少なくてコンクリート舗装が見えている。今回は反省を生かして林道から取り付いていく。標高700mくらいまではサンクラストしているので帰りが少し思いやられるが、沢沿いに高度を稼いでいく。1000m付近の尾根に乗るまでは柄澤さんとエミッチが脅威の引っ張りを見せてくれる。今日は風邪気味で鼻水が出るやら喉が痛いやら不調である。しかし少しはラッセルのお手伝いをしなければいけないと思い、細尾根のラッセルを開始する。稜線上は雪庇が南側に張り出している。尾根通しは歩きにくくて効率が悪いので、稜線の南側を巻き上げるように高度を稼ぐ。せめて1264mまでは頑張りたかったが、途中で柄澤さんに追いつかれたのであっさりとラッセルを交替してもらうことになる。あとは広い尾根をゆっくりと歩くだけだが体がつらい。辛抱しながら歩き、昼には無事に山頂に到着した。今日は快晴で穏やかなので珍しく山頂で昼食をとることができる。十分に休養ができたので体は楽になった。写真を取りながら極上のパウダーを堪能し、1100mまでアッと言う間に下ってしまう。狙っていたトラバース地点だが自分の思い描いていた風景と少し違ったがシールを貼ったまま強引にトラバースをする。ここで、朝のトレースに合流した。再びパウダーを楽しみ湯原の集落へ滑り降りた。

急斜面に入るところでコンプレッションテストを実施する。1mより下で濡れザラメ層があるが雪崩れないと判断