中妻山(2008.2.2)北アルプス専科

今年で4回目となる戸隠パウダーキャンプに日帰りで参加した。駐車場はキャンプの仲間で満員状態。準備をして出発する頃にはバッチリとトレースがついている。佐渡山のコルから氷沢へ降りたところでミーティング。「乙妻方面に入っている人が多そうなので、混雑を避けるため高妻山にしないか。」との案も出たが、今回はピッケルとアイゼンを持参していなかったので中妻山を希望する。トレースを追いかけながら細い尾根に取り付く。10センチメートルくらいのところに顕著な弱層があることに加え、弱層の下にある雪も結合が悪くてシールが滑りやすい。1650m付近で先行していたR&Bやトマの皆さんに追いつきラッセルを交替することになる。雪質は日射の様子でパウダーからモナカ雪へと形を変えた後、1850m付近の細尾根ではアイス気味に変わってくる。そして2000mを過ぎた広大なバーンに変わるところで、会の相談役がピットを掘って弱層テストを行なう。コンプレッションテストの結果改めて弱いことを確認したため、安全な方向へ向かうように指示を受ける。パックされた下の層が滑るので歩きにくくてしかたがない。歩きにくさからペースが上がらないでいるうちにパーティーの間隔が狭まり団子状になってくる。大人数の荷重により弱層を破断したら、下まで流されそうな危険な斜面なので慎重に一人ずつ動くことになる。わずか100m弱の核心部分に1時間もかかってしまったが安全には代えられない。このあたりの指示を的確に出せる経験はたいしたものだ。中妻山を無事にピークハントするが、登ってきたルートは危険箇所が多いことに加え、必ずしも上質の雪でないことから滑降は、乙妻山付近を狙うことになる。斜度は若干緩いとは言え、簡単なハンドテストでも簡単に崩れる層は不気味である。慎重に一人ずつ滑ることになるが、パウダースノーはすばらしいものがある。時に写真撮影などしながら、あっという間楽しい時間が終わった。疲れた足に佐渡山下部のコルへの登り返しは堪えるが、ここを頑張れば駐車場まで下るのみである。今日は雪に対しての緊張を身に持って感じる1日であった。

大橋(8:00) − 2200(12:00) − 中妻山(12:45-13:00) − 大橋(15:10)