講師研修会冬山(2008.1.26-28)  

雪庇を抜いて急斜面の弱層を観察

色付けして弱層の様子を観察

雪質観察と弱層テスト 

ピットを掘り色付けした弱層を観察(斜度5〜10度)。昨日の新雪20cmを除くと80cmのところに、2週間前に降った雨の影響と見られる氷板化した濡れザラメ層がある。100cmのところにも同様の濡れザラメ層が形成されていた。

ここで弱層の強度が、どの程度になるのだろうか。「ハンドテスト」を行なうことになる。結果は滑らない。一応安全と判断されたが、自分はコンプレッションテストを行なってみた。すると40cm程度の場所に肉眼で観察することのできなかった層があり、簡単に破断する。折角の研修なので、研修仲間と共に何度も掘り、ハンドテストとコンプレッションテストを繰り返してみた。コンプレッションテストの結果は常に同様であるが、ハンドテストの場合は、層の場所を見極めた上で引いたときのみ崩れてくる。破断面をルーペで観察してみるが、特徴に乏しく六花結晶の名残のようにも思われる。弱層の上と下の温度を測ってみると、マイナス4度とマイナス2.7度である。わずか2ミリ位の間でこれだけの温度勾配があるため、霜ザラメ層ができて破断したとの結論に至った。

さて、山スキーに行く機会の多い自分としては、少し心配である。破断した層はスキーで言うところの「やや重パウダー」である。指を入れて観察しても、肉眼で観察しても1枚の層にしか分からない場所に、このような層があるとは驚きだ。

そこでスキー滑降を想定して東面の沢(斜度35〜40度)で同様の観察を行なってみた。上部は、雪庇が張り出して巻き込んでいるため崩してみる。状況は異なるものの同じ層は簡単に崩れる。しかし決定的に異なったのは、緩斜面では全く問題の無かった80cmのところにある、濡ザラメ層から上全体が簡単に破断したことである。ハンドテストや、コンプレッションテストでは滑らない層も、スキーを履いて圧を加えた結果、上部にある弱い層よりも深くにある強い層の方が先に崩れたのである。

そこで今回の結論であるが、弱層を正確に把握することについては、コンプレッションテストのほうがハンドテストよりも有効であった。しかし弱層はテスト結果の弱い順に崩れるとは限らないのである。何にしても難しいものだ。

埋没準備

温度を観察

ゾンデで突いてみる(垂直に突くこと)


雪崩による救出訓練

(好天下での自然発生的な表層雪崩の可能性)

自然発生雪崩は降雪などにより、上載積雪量が増加しなければ発生する可能性が少ない。むしろ気温の上昇は積雪の密度を増し、圧密、焼結によって積雪は安定化に向かう。

(降雪と雪崩)

雪崩遭難の90%以上は、降雪中及び降雪直後におきている。したがって前記条件の時の行動を避ければ、雪崩に巻き込まれる確率は格段に低くなる。降雪が始まると時間の経過と共に落下しようとする上載積雪量が増加し、その質量が弱層を破断して雪崩が発生する。

(登山者の誘発する雪崩)

我々登山者も、弱層にとっては上載する圧力である。急斜面から緩斜面へ変化するような場所や日射の影響を受けやすい場所、吹き溜まりなど積雪深が変わるところは雪崩れようとするストレス点である。

(巻き込まれやすい斜度)

一般的に巻き込まれやすい表層雪崩は30度から45度の斜面と言われている。30度以下の緩斜面では雪崩を留める力が強く、逆に45度以上の斜面は自然発生的に流れ落ちる可能性が高い。デブリの末端から観察してみると、発生地点の多くは見通して約18度の場所とのことである。

(思い込み)

自分が沢筋にいる時は、谷の上部からの雪崩ばかりが気にかかる。最後は谷に集まるのだから、これは当然だろう。だが良く考えてみると、雪崩の発生の多くは尾根から落ちてくるのだ。自分でスキーを履いたときも、雪を切って落としてしまうのは、尾根を登るときの方が多かった。

一般的に言われている雪崩についてであるが、一度入山してしまえば「自分だけは平気だろう」とばかりに突っ込んでしまう。しかも雪崩の危険がもっとも大きい斜面こそがスキーに最適な斜面なのである。「ビーコン探し訓練になることのないように」という、主任講師の指示により実践的な訓練を行なった。選んだ地点は、雪庇の張り出した東斜面。斜度は30度から40度位。コル源頭からスキー滑降中に面発生雪崩を巻き起こして流されたという設定である。雪崩リーダーをたてて、2次雪崩を想定しながらの捜索は難しい。殊に立木の根元付近に埋めた場合はビーコンから出る電波が反射して遭難者を特定するのに時間がかかってしまった。 



スキーそりと負傷者の搬出

負傷者の搬出用にスキーそりを作ることになった。前回の研修会でつくったもの(こちらを参照)は、スキーのトップに穴のあいているもので作ったのだが、今回は自分のスキーしかトップに穴をあけていない。しかも用意したスキーの金具がTLTであるため、スキーの滑走面を利用することができない。切り出した木などで、板を上下から挟み込むようにしてみたところ、当然のことながらスキーの滑降面に障害物があるため滑りが悪い。結論的には、この作り方では(1人の負傷者を3人で搬出)不可能であるとの結論に達した。スキーのトップとテールには穴を開けておかなければ、最近のスキーでは対応できないかもしれない。また、全体的に短い板を使っていることも影響が出た。ここで、ツェルトを利用しての搬出を研究してみた。ツェルトの上に、マットやザックを敷き、負傷者をくるんで滑らすというものである。最低限の重量で済むため、深雪時の搬出には有効に思われた。夏山の研修会の再に、ザックをカラビナで連結して担架をつくったが、この仕組みを応用してみると良いかも知れない。


スキーそり失敗のため、ツェルトを利用しての搬出方法を研究