黒姫山(2008.1.20)北アルプス専科

高速道路は順調に動き黒姫山スノーパークには8時に到着するが、リフトの始発は8時30分とのことで待たされることになる。寒さが厳しいのでアウターの上に更にヤッケを着込む。リフト券を購入しに行ったところ「薮が出ているのでツアーはできません。どうしても行きたければパトロールに相談してください」とのこと。結果は先日降った雪で、ツアーが可能になったとのことである。始発のリフトに乗り込んだものの、2本目のリフトは運転しておらず15分ほど待たされる。ゲレンデトップに到着したのは9時少し前くらいであろうか、我々5人の他に3名のパーティーがいる。昨晩の降雪は20センチほどと思われるがトレースが残されており快調に高度を稼ぐ。旧ゲレンデの雪質は最高でありそのまま滑り降りたい気持ちを我慢するのに大変だ。途中から先行トレースを離れ急斜面を強引なラッセルで詰めあがる。今日もファーストトラックをいただけるだろう。ピーク付近のドロップポイントに着いた頃からガスが出始める。寒いだけあって上部の雪質は最高で、思い思いのシュプールを刻むことができる。ここでミス発覚、自分の行きたい場所を間違えてコンパスセットをしたため、進路が南方向にずれている。GPSで現地を確認して狙ったルートに戻る。迷惑をかけてしまった。少し薮っぽいがブナに保存された雪は心地良い。目印の大岩を巻きながら最後の滑降に入る。最後は緩斜面を横切ってゲレンデに入るだけだが、小さな沢が割れていて渡れない。強引に突破も検討したが濡れたくないので沢沿いに下ったところ、クロスカントリーコースに合流して下のスキー場まで降ろされてしまった。もう少し薮が埋まれば更に楽しめただろう。

スキー場(8:30) − ゲレンデトップ(9:00) − 廃止リフトトップ(9:50) 黒姫山手前ピーク(11:35-12:00) − スキー場(14:00)