鍋倉山(2008.1.13) 北アルプス専科

前日の土曜日はとても暖かく、中信地方でも雨が降り続いた。今日は鍋倉山だが雪の状況はどうだろうか。中野地方に差し掛かる頃には高速道路がチェーン規制され、除雪車が出ている。曇り気味であった空からはチラホラと雪が舞ってきた。北信地方は降り方が違うようだ。除雪車が脱輪して動けなくなっているのを温井の集落手前で見かけたが、これを引き上げるために交通規制が行なわれ、一緒に待ち合わせた仲間は合流に遅れることになる。除雪終了点に車を停めてから早速出発する。強い振りではないが、雪のためにクリアな視界とは言えない。コンパスを鍋倉山へセットして足を進めると、今朝のものと思われるトレースが1本入っている。あらかじめ狙ったルートと同じなのでありがたく利用させていただく。田茂木池付近の平原でのラッセルは30cmくらいであろうか。それでも単独ならラッセルが大変であろう。非難小屋らしい建物から左手の尾根に取り付いていく。登る斜面は快適な中斜面でブナの林がとても美しい。結局トレースの主に追いつくことが無く鍋倉山のピークを踏む。やはり山頂は風が強くて寒く長居できないので、追いかけてくる仲間を待たずに下ることにする。....から滑るのを楽しみにしていたのだが、合流するためには登ってきた尾根を忠実にトレースするしか無いようだ。やや斜度は不足しているが、ブナに守られた尾根にはパウダーが乗りとても心地が良い。追いかけてきた仲間と、後の行動を打ち合わせしてから沢筋へ続く疎林へ入っていく。ここは今日一番の斜面であっという間に楽しい時間は終わった。しかしラッセルの無いスキーは少し物足りないので、手近なところで見つけた無名峰へ再び登り返して滑ろうということになる。薮やぶの急斜面をかき分けながら登りあげ、疎林を狙って再び滑降に入る。平原に滑り降りてからは後続のメンバーがつけたトレースを使って温井の集落まで滑り込んだ。


温井(9:55) − 田茂木池(10:40) − 鍋倉山1268m(12:20-40) − 非難小屋740m(13:10) − 880m無名のコブ(14:05) − 740m(14:15) − 温井(15:00)