小日向山(2008.1.6) 北アルプス専科


二股(8:00) - 林道分岐(9:10) - 尾根取り付き(9:30) - 稜線下1770m(11:50-12:15) - 二股(14:00)

今日は小日向山、朝から暖かい。少しくらい暖かくても、場所を選べばパウダー三昧であることが昨年の経験から想像できるから楽しみである。午前8時の二股は橋の上まで自動車が停まっている。入り込みが多いのかとも思ったが、行き先はガラガラ沢方面なのかトレースが薄い。北股へ向かい1キロほど歩く頃には完全にトレースが無くなった。先行者は奥ノ滝の沢付近を取り付いたようだ。いずれにしても北股に入山者がいるようである。林道からの細尾根取り付きまでの1時間30分は、膝と足首までの中間くらいのラッセルであるが、雪が少々重いのが気になる。細尾根からは雪が多くなるが、KKさんがラッセル隊長で快調に高度を稼いでいく。下では暖かく感じた天気も、尾根に乗ると風が吹き始める。1600m付近で右手を滑降していくスキーヤーが目に入る。おそらく先行者であろう。細尾根脇の樹林帯脇を滑っている様だが狭そうだ。標高1800m手前で隊列が長くなり仲間を待つことになる。すぐ上は稜線であるが、時折唸り声をあげる強風に、ピークを踏むのは得策で無いと御大が決断する。既にここはパウダー三昧なのだ。当初の予定では樹林帯を滑る予定であったが、目の前にある美しい沢に心を奪われるとともに、皆飛び込んでいってしまう。やはり板はきれいに浮き上がる。存分にパウダーを楽しんだ後、KKさん、SG、MKさんは引き続き沢沿いを行く。そして、御大と自分は割れてきた沢を避けて尾根に乗る。短い距離ではあるがパウダーが保存された良質の中斜面は、柄澤さんお勧めのブナ林末端である。再び沢に合流するが、下部は割れていたため尾根沿いを巻きながら林道に滑り込んだ。