乗鞍岳(2008.1.5)   北アルプス専科

スキー場駐車場(8:50) − ゲレンデトップ(9:30) − 位ヶ原(10:55) − 2862m敗退(12:40) − スキー場駐車場(14:10)


正月モードで体がスキーに対応できそうもないという仲間の希望で、2008年の滑り初めは乗鞍岳に決まった。ゲレンデトップからの出発なので集合時刻も遅めで十分だ。相乗りで、乗鞍高原スキー場へ向かう途中、1回券の料金が300円から400円へ値上げになったという話しを聞く。一般的には駐車場からゲレンデトップまで3本のリフトを乗り継ぐから、締めて300円の値上げである。回数券なんか使うのは山スキーヤーくらいであろう。「どうせ金にならない客だから、この際搾り取ってやろう」なんて思っている訳ではないと思いつつも、貧乏くさい私たちは下の短いリフトには乗らずに歩くことになる。経営者としては値上げの結果100円の収入減になってしまったようだ。

ゲレンデトップは、無風快晴で春の陽気である。先行者もあり、トレースはしっかりとついている。位ヶ原までの雪の状態もよく、気温が上がらなければパウダーも期待できる。位ヶ原から肩ノ小屋までは、クラスト気味ではあるが青空のもと、剣ヶ峰や穂高連峰まできれいに見渡すことができるので、久々にピークを踏めると思い心が躍る。肩ノ小屋に着いたのは12時頃か。ところが、あれほどの青空も見る影も無く地吹雪に変わる。それでも肩ノ小屋で強風を避けながら上を目指してクトーを装着する。仲間はスキーをデポしてアイゼンで登るという。ガリガリの斜面でクトーを効かせながら登っていくが、ついにホワイトアウトに見舞われる。手元の高度計での標高は2862mをさしている。もう少しであるが残念だ。しかたなく板をはずすがとても滑れる状況でないため、板を担いで肩ノ小屋まで逃げ帰る。寒くてたまらないので早速準備をしてスタートする。ホワイトアウトに近い状況のため、足元のシュカブラが見えずにスキーにならない。騙しながら位ヶ原まで下ると、晴れて暖かい。ここからはパウダーで気分も良いが、ピークを目指さなかった後続のスキーヤーにギタギタに荒らされてしまった。残念だがこれも仕方が無い。