大崩山(2007.12.30)北アルプス専科

気圧の谷が通過する関係で本日の天気は、期待ができない。天気が芳しくなければ乗鞍高原のゲレンデトップから位ヶ原まで往復しようなどと話をしたものの、愚かな二人は、大崩山から猫岳を目指すことに決定した。国道脇の駐車スペースには1台の乗用車が駐車されている。やはり他にも愚か者はいるようだ。降りしきる粉雪の中、身支度を整えて出発する。視界が良くないが、いつも取り付く尾根は藪だらけで取り付く気分ではない。仕方ないので林道を歩くことにする。雪の多い季節には、林道があったことすら気がつかなかったが、相当上まで入っている。1時間ほど登ったところでトレースを発見。先行者がつけたトレースのようだ。しばらくトレースを頂いたが、だるく折り返す林道を歩く気にならなくなり、強引に尾根に乗り上げる。一昨日の雨で氷化した斜面に昨日20センチほどの積雪があったようだ。アイスバーンの上に載った雪が滑り落ちて歩きにくい。それでも2時間ほどの歩行で、本日のランドマーク地点まではたどり着くと、後ろにテレマーカーが2名。途中で追い越したようだ。雪は断続的に強く降ったり弱くなったりしている。ここからのなだらかな尾根は、帰りに迷って苦しんだ記憶が蘇るため、持参した測量用テープでマーキングをすることにする。標高1900mより上は、すばらしいパウダーで、期待が高まる。乗鞍スカイラインに最後の別れを告げて、いよいよ大崩山の尾根に取り付くことになる。しばし快調に高度を稼ぐが天気は悪化している。風の強い稜線を避けて、風下側の尾根を巻くように登るが、藪と雪庇で行き詰まる。再び尾根に戻るが、風雪に耐えられない。森林限界までは達していないが、強風と雪に苦しみ2375m時点で撤退を決定する。

さて、ようやくお楽しみのドロップだが打ち合わせ不足により、スタートと同時にはぐれてしまう。捜すために少し戻ってみるが見当たらない。心配になりうろうろするが見つけることもできない。意を決しテープでマーキングした場所まで滑り降りてみると、無事に会うことができた。ここで一安心。マーキングテープを回収しつつ、次のマーキングテープを待ち合わせ場所に決めて、お互い離れないように降りていく。降り続く雪で下界が見えない上、登りのトレースも消えかけているのでルートファインディングにも気をつかう。夫婦松の展望台まで降りてひと安心するが、悪天でくつろげる状況では無いので先を急ぐ。

しかし、前回広い沢に誘われて薮こぎに悩まされたことを思い出した。案の定2箇所ほど大きな斜面に誘われる。セットしておいたコンパスで確認すると方向が120度もずれている。まさかとは思ってみたが、コンパスを信じて方向を定める。極上のパウダーであるが楽しんでばかりもいられない。最後はクラスト気味の斜面を滑って無事に駐車スペースへ到着する。駐車スペースにはテレマーカーの車は無かったから夫婦松から下山したのだろう。今日はどちらが正解だったかわからない。

入山口(8:20) − 夫婦松(10:20) − 2228mスカイライン最終カーブ(12:00) − 尾根2375m強風で撤退(12:35-12:50) − 入山口(14:50)