雨飾山(2007.12.23)北アルプス専科

今日は3月を思わせるような陽気である。パウダーは保存されているだろうか、藪は埋まっているだろうかと思いながらの入山である。駐車場を出発したのは9時25分だから、山スキーにしては随分のんびりしたスタートである。既に先行トレースがあるため、ありがたく利用させていただく。キャンプ場を過ぎるあたりで、先行のトレースは夏道へと向かっていく。例年使うルートを行こうかとも協議するが、藪が埋まっているかが心配なことに加えて、折角あるトレースをありがたく使わせていただくことに決まった。夏道を歩くのは初めてであるが、ブナのきれいな森である。標高にして1650mくらいの稜線に出たところで、先行者に追いついた。ラッセルのお礼をするとともに、ここから先行してのラッセルに入る。しかし、昨日のものと思われるトレースがあり、快適にピーク2まで登りつめることができた。ピークでは青空も現れて眺めも良い。全員を待ってからのスタートは、重い雪質である。雪を切るとバームクーヘン雪が後ろから追いかけてくる。広大なバーンもあっという間にズタズタになってしまった。引き続いてブナ林に入っていく。雪は重いがギリギリターンをこなせる程度であろうか。もう少し雪が多ければ、もっと楽しめただろう。キャンプ場まで滑り込んでから、行きのトレースを使って駐車場に滑り降りた。次回は1894mピークからの東斜面を黒沢に向かって滑ってみようと思う。

入山口(9:25) − キャンプ場(10:05) − 1400m(11:15) − ピーク2(12:30-13:00) − キャンプ場(13:45) − 入山口(14:50)