乗鞍岳(2007.12.12)北アルプス専科

乗鞍高原スキー場は今週末からのオープンになる。ゲレンデには雪があるものの、リフトはテストで動いているだけである。除雪は国民休暇村までで終了している。早速シールを貼ってゲレンデを詰めていく。リフト1本分登ったところで、軽いラッセルを嫌ってトレースのついた林道に入るが、これが大失敗である。ダラダラと長い道のりで時間がかかってしまった。ゲレンデトップから見上げると、藪がでているが歩くには問題が無い。本日の入山者は誰もいないようである。足首程度の、やや重いパウダーにトレースをつけていく。空は青く日差しは強いがとても気持ちの良い天気である。位ヶ原手前の急斜面は、ダケカンバが埋まりきっておらずに藪がうるさいが、登りきるときれいな雪景色に変わってくる。まだ雪が少なめで沢は埋まりきっていない。さすがにここまで来ると風が冷たくなってくる。出発した時間が遅かったので山頂までは届かないが、コロナ観測所の所まで足を進めることにする。いつもは、シュカブラで滑りにくい斜面は程好くパックされており、圧雪されたゲレンデのような楽しい雪が楽しめた。高度を落とすに伴い雪が腐ってくる。何とか騙しながらゲレンデトップへたどり着いたが、本当の試練はここからであった。日中解けた雪が、夕方になり固まっていた。モナカ雪である。これも練習だと思って、いろいろなターンを試みるが、全く歯が立たずに転倒を繰り返し、おまけに顔面制動をする始末である。ほとほと嫌になって、キックターンで何とか降りてきた。あーあ。

国民休暇村1600m(9:55) − ゲレンデトップ1900m(11:00) − 位ヶ原2450m(13:00) − 麻利支天岳2850m(14:15-14:35) − 国民休暇村1600m(15:45)