白馬乗鞍天狗原(2007.12.9)

白馬の町へ入る頃には路面に、うっすらと雪が残っている。上空は曇り気味で視界は良くないが、パウダースノーが期待できそうだ。栂池のゴンドラトップを9時40分に出発する。ゲレンデもパウダースノーで、スノーボーダーやスキーヤーがパウダーの早食い競争を繰り広げている。折角、シーズン前割引の1日券を購入したのに、これに加わらないのは残念な気がするが、上部のすばらしい雪を求めての出発とする。林道には、既にトレースが入っていたため、このトレースを追いかけていく。成城大学小屋の手前でトレースの主に追いついた。単独で膝下のラッセルは大変だったに違いない。敬意を表してから、ラッセルを交替しての登りに入る。やや重いパウダースノーは足にも堪えるが、協力して順調に高度を稼ぎ、12時には天狗原に到着する。天狗原は強風によるホワイトアウトで、とても寒くて体に堪える。白馬乗鞍岳も全く姿を現さないため、早速シールを剥がして滑降に入る。重いパウダーなので最初は戸惑ったが、そのうちに慣れて、あっという間に高度を落として1850m付近の緩斜面にたどり着く。このまま帰るには早すぎるというK氏の提案により、再びコルへ向かって登り返す。今回はバッチリとトレースがあるので、問題は無い。ギリギリ風の弱い2100mから再びパウダーを楽しみ栂池のゲレンデトップに滑り込み、本日の山スキーは終了した。

【天気曇り 栂池ゲレンデトップ(9:40) − 成城大学小屋(10:40) − 天狗原(12:10) − 1900m(12:50) − 2150m − 栂池ゲレンデトップ(14:00) 】