真砂岳(200711.23-24)

寒波が到来して、室堂は雪化粧したとのことである。昨年は大汝山から滑降したがアイスバーンに苦しめられた。さて今年はどうだろう。幸いにも昨日雪が降ったらしい。そして今日の天気は晴れの予報である。仲間と事前打ち合わせのとおり、始発のトロリーバスに乗車するべく扇沢へ向かう。昨日スタッドレスタイヤに履き替えたのは正解だったようだ。ところどころに雪が残っているので、ノーマルタイヤでは危険であろう。扇沢の無料駐車場は満車直前であるが運よく駐車することができた。しかし、仲間が駐車場に入れられなかったので始発のトロリーバスを逃してしまう。室堂に到着したのは11時、ベースを雷鳥沢に張ったら既に昼に近くなってしまった。目的地は真砂岳のピークと決める。先行する人の列は蟻の行列のようである。スノーボーダーが多いようで、歩行のペースはあがっていないようである。ファーストトラックを頂くべく、気合を入れて登り上げながら抜いていく。最後まで先行していたボーダーは、山頂を目指さずに途中の沢からドロップしていった。ラッキー、これでトップでのピークハントは確定した。しかし2700mより上の稜線は、次第に風が冷たくなり、雪面はアイス気味にパックされているため心配になるが、快晴の雪景色と、遠くに見える雲海を振り返りながらのピークハントの満足感が遥かに勝ったようだ。ここからがお楽しみの滑降である。ピークから数ターンは固めの雪であったが、沢筋に入り込むと極上のパウダーが待っていた。ご機嫌な気分で飛び込んで行く。本当にすばらしい初滑りである。アッという間に、尾根の取り付き地点まで降りてしまった。しかし時間に余裕があるので、再びバージンスノーを求めて、真砂の支尾根に取り付くことになる。2度目ともなると疲れと、燃料切れで力が入らずに、仲間のラッセルに助けられての登りになる。2本目は、夕焼けに染まる奥大日岳を眺めながらのドライパウダーを堪能した。そして、今夜のキャンプは雷鳥沢である。賑わいを見せるテント村から離れた場所にテントを張っての大宴会は、定番おでんパーティーと焼肉の豪華版で楽しい夜が更けた。

明けて2日目、朝6時に起床する。見回すと気の早いスキーヤーたちは登り始めているようだ。今日は気圧の谷が通過して午後から雪になるというメンバーの予報により、スキーは午前だけに決まった。自分は当初2泊する予定であったが、皆が帰るとなると急にモチベーションが下がり同一行動することに決めた。

相談の結果、既に食い荒らされている雷鳥沢と真砂岳の本沢は避けて、昨日登った2750m峰付近を1本滑降することになる。昨日自分たちがつけたトレースを辿れば良いので行程は楽だ。幸いにも、先行者はこのトレースを利用しなかったので、パウダーを楽しむことができた。重い荷物を背負っての室堂への登り返しは体に堪えるものもあったが、十分すぎる初滑りツアーであった。

【11月23日 天気:快晴】

雷鳥沢BC2270m 〜 真砂岳2860m 〜 2380m 〜 2750m峰尾根2600m 〜 雷鳥沢BC2270m

【11月24日天気:曇り時々晴】

雷鳥沢BC2270m 〜 2750m峰尾根2670m 〜 雷鳥沢BC2270m  〜 室堂2400m