美ヶ原高原(200711.17)北アルプス専科

明日から寒波が入って北アルプスは荒れるとの事なので、比較的天気の良さそうな、八ヶ岳の蓼科山へ向かおうと、朝8時に自宅を出発する。しかし、あたり一面霧の海で視界が良くない。10分ほど車を走らせるが、突如モチベーションが下がって帰宅する。自宅でスキーの手入れなどを行なっていたら、昼近くになってしまった。ようやく外は、穏やかな天気になってきたので、美ヶ原へ向かって出発する。というか、こんな時間では登れる山もあまりない。広小場付近に車を停めると先行者がいた。聞くと茶臼山経由で登るということなので、こちらは百曲がりからの入山とした。思いつきの出発みたいなものだから、やはり忘れ物をする。そう、登山靴を持ってきていなかった。幸い、サンダルではなくランニングシューズを履いていたので枯れ草を踏みしめながらの登りになる。やはり、誰にも会わずに、塩クレ場に到着するが、風が強いので休憩する気にならずに茶臼山を目指す。少し遠いが、ここからの北アルプス稜線も美しい。茶臼山山頂付近で、先ほどの登山者とすれ違う。山頂で休憩しようと思うが・・・・。残念、団体さんがくつろいでいる。しかたがないので少し離れた場所でおやつを食べて、早々に下山した。

明日から北部は雪が降るらしい。条件が整えば、立山でスキーを行なおうと思う。そして、雪が増え続ければトレッキングシーズンも終了だ。

 

北アルプスと松本平

蓼科方面

王ヶ頭