ひょうたん池(2007.10.30)北アルプス専科

気になっていた、ひょうたん池へ誘われたので出かけることにした。地形図を眺めてみると登山道が入っていない。冬であれば藪の埋まった、上宮川谷を登るのだろうかなどと考えてみるが登山ルートが見えてこない。そこで、昭文社のエアリアマップを取り出したところ、点線ではあるが、ルートがしっかり書いてある。ここで安心して、地形図にルートを描いてみる。まずは、明神橋から少し行ったところで川を渡る。そこから下宮川谷を詰めあげていくのだが、標高1700mのあたりに分岐がある。ここを右俣へトレースして、一本道をたどれば、宮川のコルへ出るはず。そこからは、コルに向かって登るだけの、単純なルートと踏んだ。

上高地を出発したのは7時に近い頃である。標高差も少なく距離が短いので時間はたっぷりありそうだ。普段は通らない、観光客用の木道を、のんびりと歩いて明神に到着する。50mほど歩くと、すぐ左側に分岐が入っていたので迷わずに入っていく。緑色の屋根の小屋があり、それは信州大学の施設であるらしい。そのまま導かれるように木の一本橋を渡ると、少し濃い藪になる。赤いビニールテープでマーキングしてあり、安心して導かれる。地形は、のっぺりした陰気な樹林帯といった印象である。しばらく歩くとガレた下宮川谷に入っていく。今日のポイントは1700mの分岐なので、そこだけ注意すればよいだろう。ところが、残念ながら肝心な場所に先行者がいた。わかりにくい分岐のところで右へ入っていくところだった。ルートファインディングを楽しみにしていたのだが、拍子抜けしてしまった。

この分岐点には大きな岩がありペイントがあるが、大きくて引き込まれやすい左俣の先にも、赤テープがついていて紛らわしい。ここで先行者(あとで聞くとガイドツアーであった)と同じルートを右に取り、先頭に立つ。途中からガラガラの沢になり、浮石に注意して登ることになる。下山時に確認したところ、右寄りにルートを取ったほうが歩きやすかったようだ。なだらかな斜面はやがて、上宮川谷と合流した「宮川のコル」になる。広々とした景色は気分もよく、唐松の紅葉とともに明神岳の前峰が美しい。登山道は左にある岩壁へ向かっている。3枚の慰霊レリーフを左手に見ながら急な斜面に変わるが、ほどなくガレた広い斜面に出る。コルまで登り詰めると、見事なほど可愛い「ひょうたん池」が現れた。ここは3張りくらいのキャンプができるだろう。とりあえず、乾杯してくつろいだ後に、明神岳東稜の取り付きを偵察にでかける。すこし藪気味ではあるが、踏み後は明瞭で、赤テープもついている。春のシーズンにスキー併用で明神岳に登りたいものである。

帰りは、往路を忠実に下山、のつもりが、軽いノリで雑談しながら歩いているうちに明神池付近で道に迷い30分も、時間のロスをしてしまった。やれやれ。

明神岳

下宮川谷右俣

宮川のコルから上宮川谷を見る

明神岳5峰

ひょうたん池のコルと長七の頭

ザレた登山道

明神岳東稜と茶臼尾根3本槍

焼岳と乗鞍岳

常念岳と蝶ヶ岳

ひょうたん池を見下ろす

明神岳東稜を偵察

乗鞍岳

長七の頭とひょうたん池

下山開始

明神付近で見上げる