焼岳(2007.10.23)北アルプス専科

この秋、おそらく最後になるであろう紅葉を眺めるために、焼岳へ出かけた。釜トンネルの分岐を分けて車は安房峠の旧道へ向かう。11号カーブ前の駐車スペースは既に満車である。残念だが、しばらく車を走らせて広い駐車スペースまで車を停めに出かける。この峠の紅葉は、なんとも見事であり、黄緑・黄色・赤が鮮やかに交じり合っている。しばし紅葉見物を楽しむことにする。標高1600mでこれだけの紅葉だから上部は落葉だろう。

少し出発が遅かったためか、あれだけ自動車があるのに登山者には出会わない。少しぬかるんだ登山道の高度を上げていく。リンドウ平まで来ると青い空に噴煙を上げている焼岳が目に飛び込んでくる。このあたりまで来ると先行する登山者も多くて賑わっているが、紅葉はやはり終わっている。山頂は風もあり穂高連邦はガスに隠れている。たまには頭を覗かせるが少し残念である。水蒸気で暖かい岩場の近くで1時間ほどくつろいで、のんびりとした休日が終わった。