奥又白池(2007.10.18)北アルプス専科

2週間前の黒部は紅葉を楽しむのには早すぎた。もう遅いかもしれないが若干の期待をしながら奥又白池へ出かけてみた。上高地が色づいているので上はもうだめであろうと思いあきらめながらの歩行となる。パノラマ新道と道を分けての中畠新道は、登山道とはいえ穂高付近には珍しいほど手が入っていない。というか、歩く人が少ないのかもしれない。道はしっかりついているものの、急な斜面が続く。笹藪で安心感があるのだが実際転落すれば危険ともいえる登山道であろう。幸いにも急な登りなので手足を使いどんどん高度を稼ぐことが出来る。ルンゼと合流して快適に詰め上げるとナナカマドの群生地になる。やはり遅かった。色は良くない。残念だがしかたがない。ほどなく池についたがガスがかかって展望にもあまり恵まれない。霧雲がかかり、上空の水滴がわずかに雪を舞わせている。あと1週遅ければ、赤い実だけになったナナカマドにうっすら雪が乗った景色が拝めるかもしれない。

今回のもう一つの目的は前穂北尾根5・6のコルへの取りつきなどを偵察したかったのだが結果的にはルートを探すことが出来なかった。これはあとで仲間にでも聞いてみようと思う。

池を見ながらビールでも飲もうと思って持ってきたのだが、ここで飲むのはやめておいた。下りで転んだら危ない部分があったことを登りの時から自分に言い聞かせていたこともある。黒部内蔵助谷の遭難事故が強烈に頭に焼き付いていることもあるだろう。単独の時は必要以上に注意することにしよう。パノラマ新道との分岐まで降りてからゆっくりと食事を楽しむことになる。目の前には蝶ヶ岳が見えている。蝶ヶ岳ヒュッテから横尾へ滑り込むのに良さそうな沢が見えている。長塀尾根を滑っても楽しいだろうと思いにふける。そういえば新村橋で道を分けてからは、まだ誰とも会っていない。不思議な気分である。徳沢に着くといつもどおりの喧騒が訪れる。折角なのでバッチをつけた観光客と一緒に明神池を見物する。上高地バスターミナルに着いたら雨が降り出した。

上高地(6:00) − 徳沢 (7:30)  − 中畠新道 (8:30)  − 奥又白池 (10:00-10:30)  − パノラマ分岐 (11:30-12:00)  − 明神池観光 − 上高地 (14:40)

上高地からの明神岳

徳沢

パノラマ新道

奥又白分岐付近

藪の登山道(2100m位)

振り返る

対岸の常念岳

松高ルンゼ

紅葉には遅い

奥又白池

奥又白池から梓川を見下ろす

北尾根

景色に色がほしい

奥又白池

蝶ヶ岳

下って中畠新道分岐

パノラマ新道のコル

切れたザイル事件のケルン

明神池で観光

明神岳