黒部ダム-下ノ廊下-裏剱-内蔵助谷(2007.10.6-8)北アルプス専科

始発の扇沢初のトロリーバスは6時30分、6時過ぎに扇沢についたときは既に1台ギリギリ駐車できるスペースが残されていた。ラッキー。今回のメンバーは、シゴトの仲間yukky、サルと渓谷メンバーのヲダおやぢ、そして前回研修会で知り合った紅一点エムちんの4人である。無事みんな合流して出発する。今年は暖たかったので紅葉には、まだ早いかもしれない。そんなことで本日の予定黒四ダムから阿曽原温泉までは比較的人が少ないだろうと予想していた。ところが・・・・。人ひとヒト。しかもウォーキングのようにガンガン気合を入れてくる人も多い。圧倒されながらゆっくりと歩き始める。やはり黒部谷の空は狭くて圧迫感がある。大岩壁も立ちはだかりとても威圧感がある。道は黒部川左岸につけられている。長くて代わり映えしない景色の中をどれだけ歩いたろうか。黒部別山谷出会いのガレ場で休憩とする。前にも後ろにも人が続き本当にすごいことだ。ここから本格的なヘツリになるので気合を入れなければならない。

見るとスノーブリッジ状になっている雪渓の上を10人以上の高齢者パーティーが渡ってくる。「危ない!」の指示も無視。やはり、雪渓の末端が崩落して一人がしたたか腰を打っている。危険だから正規ルートを通るようにとの現場での声も「大丈夫、大丈夫」とメンバーに指示を与えている。何を根拠に大丈夫なのだろうか。ブリッジが崩壊してメンバーが死んでも、リーダーである自分が死んでいないから大丈夫なのだろう。このバンダナリーダーは、さっきまでキノコ採りをしながら歩いて、仲間に自慢していたヤブゴロのいんちき爺さまだ。(藪の中のゴロツキとは、自分の土地でもないのに、むやみに立ち入って山菜などを根絶やしにするまで取りまくる人のこと)関わると面倒事に巻き込まれそうな嫌な予感があるのでそそくさと難所の大ヘツリへ登りあげる。

ここからは、一応難所ということなので各自、スリングとカラビナなどでセルフビレイ体制に入り、ヘツリにつけられたワイヤーにかけ替えながら通過することにする。高度感はあるものの、足場はしっかりしており一応安心である。しかしこのワイヤー(番線)の強度はどのくらいあるのだろうか。静加重なら200キロ位あるだろうか。考えないことにしよう。この白竜峡が下ノ廊下の中でもっとも迫力のある部分だ。ここを過ぎると比較的穏やかな歩きとなり十字峡、半月峡と越えていくが距離は長い。散々歩いて東谷吊橋に到着した。ここは人工構築物が多いので少し違った雰囲気であるがまだ阿曽原温泉までの道のりがある。仙人ダムで仙人谷の方向へ向かうハシゴが見えている。「ここから行くこともできるのか」などと観察してから、阿曽原温泉へ向かう。

標高にして200メートル程度であろうが最後の登りと下りは嫌なものだ。阿曽原のキャンプ場に到着したときには4時30分になっていた。しかも愕然・・・。テンバが埋め尽くされている。それでも親切な人が、張れそうな場所を一緒に捜してくれたので助かった。少し居心地は良くないが、小屋はよりはましである。おでんパーティーで楽しい夜が更けた。


あけて2日目、昨日はあまりにも混雑していたのと到着が遅れてしまったことなどで、折角の温泉に来ながら入浴できずじまい。っていうか、呑んでしまってどうでもよくなってしまった。今日こそは仙人湯に入ることにしよう。朝6時には、阿曽原の坂を気合入れて登りあげる。昨日分岐点で嫌な予感がしたとおり、自分の地形図と登山地図に記載された登山道は通行禁止の紐が張られている。まさか仙人ダムまで降ろさせられることはないだろうと軽口を言い合いながら足を進める。ここで対向の登山者が・・。折角なので登山道の場所を尋ねると嫌な予感が的中。どうやら廃道になってしまったようだ。登り返しの分と下りで、都合400mくらいは違いそうだから時間的に余裕がなくなった。

最新情報を仕入れていなかったのは大失敗だ。それでも地形図で登山道の見当をつけて歩き出す。手は入れてあるものの、まだ踏まれていないザレ土の道は足元が決まらない。数年すればある程度階段状になるのであろうが今はまだつらい。真夏並みの直射日光を顔に浴びながら苦労して仙人温泉小屋に到着する。休憩料を含んだ風呂代1000円はちと高い気もするが、この際ビールまで購入してくつろいだ。しかし今日はまだ登りも下りも残っている。とりあえず標高差にして600mは先の、仙人池ヒュッテで裏剱を見なければならないのだ。酒も飲んだので結構ツライ。

苦労して仙人池ヒュッテに到着。このあたりは、今回の旅で唯一紅葉の良い場所だ。またしてもビールで乾杯、写真家エムちんはヲダおやぢをアシスタントに撮影モード。すでにこの時点でビバークポイントを決めた。当初予定の真砂沢のテンバまで行き着けるはずはない。天気も良いし焚火もできる。あまりほめられたことではないが大宴会になるだろう。5時過ぎにビバークポイント到着、空には天の川だ。本当に楽しい宴会になった。


さて、最終日今日は激動の一日になる。昨夜就寝時には満天の星空である。しかし夜半には雨になったようだ。昨日見た巻雲は、寒気の到来を予想させたがまさかこんなに早く雨になるとは。急ぎ撤収し朝の6時に出発する。まだ日程に余裕があるエムちんは、真砂沢か剱沢で停滞して様子を見るという。私たちはおっさん3人となり、予定どおりハシゴ谷乗越へ向かう。しかし増水が気になっている。ハシゴ谷への登りも水がついてきているが、快調に登り詰めたため時間はまだ早い。時間との戦いになりそうだ。内蔵助谷への下りも初めてのルートであるが、事前に見ておいた地形図から予想したとおり登山道に水がついてきている。流域面積から見ると、まだ危険の度合いは低そうだが、この先の渉渡が気になって仕方がないので先を急ぎたい。

1時間ほど歩き高度を下げると、登山道はすでに水の中であり中央突破すれば膝上くらいの水量になっている。メンバーもこの状況は初めての経験と思われるため、水に埋まった本来のガレ道を無意識に避けて高巻き気味になるので格段にペースが落ちる。ここで作戦変更し水に入って自分と同じ場所を必ず歩くように指示を出す。ペースを取り戻すと先行していたグループに追いつくことになる。しかし1時間30分は水の中を歩いたろう。まるで沢歩きだ。ひどいところで股下までの水に浸かりながら、標準時間の倍以上かかって内蔵助谷出会に到着した。

ここには2名の若いワンゲルOB風男性パーティーと、2名の女性山岳会風パーティーの4名が思案に暮れている。見ると内蔵助谷は増水しており、橋の取りつき地点まで距離にして約2メートル、深さは腰下までの激流を越えないと鉄製の一本橋に辿り着けない状況である。我々のパーティーが上流側よりルート工作をはじめる。

そして、我々を自分の雇ったガイドと勘違いしている高齢者の6人パーティーが追いついてきた。

この後、後続者に事故が起きた。我がメンバー3人が協力して救出に向かい、内蔵助谷に飲み込まれる直前であった高齢者パーティーなど4人は救出したと自負している。しかし、精一杯頑張ってもどうしても助けられなかった単独行の遭難者に対しての後悔は残る。

2次災害をおこす危険のある救助活動を含めた行動で、メンバーに死をかけた危険に巻き込んでしまったことも反省している。遭難者のご冥福をお祈りし、ご家族への弔意を捧げつつ、ここでペンを折る。


10月6日(土)天気:曇りのち晴れ

扇沢(6:30) = 黒部ダム(7:00) - 内蔵助分岐(8:25) - 鳴沢小沢(9:25) - 大へツリ(11:00) - 白竜峡(12:00) - 十字峡(12:50-13:10) - 東谷吊橋(14:55) - 阿曽原温泉小屋キャンプ(14:30)

黒部ダム下から見上げる

黒部谷

鳴沢手前

下ノ廊下へ

空は狭い

高度感はある

谷を覗きこむ

十字峡

ヘツリにはワイヤーが張ってある

半月峡

まだ続く

やっと東谷吊橋

 

旧日電歩道

大混雑の阿曽原温泉小屋

夕食


10月7日(日)天気:快晴

阿曽原温泉小屋(6:25) - 仙人ダム上(7:50) - 1629mピーク(10:45) - 仙人温泉小屋(11:00-12:00) - 仙人池ヒュッテ(14:15-15:20) - ビバーク(17:00)

本年正式開通の雲切新道

1629mピークまでかなりきつい

対岸の仙人温泉小屋を見下ろす

色づきの遅い今シーズンにあってベストの紅葉

仙人湯源泉

唐松岳を眺めて入浴

仙人池

撮影タイム

池に写った裏剱

鹿島槍

八ツ峰

そしてビバーク

お決まりの焚火

野菜を茹でて

大宴会

ワインは2日で5リットル消費


10月8日(月)天気:雨

ビバーク地点(6:10) - 黒四ダム分岐(7:00) - ハシゴ谷乗越 (8:15) - 内蔵助平(10:05) - 遭難関係(11:15) - 内蔵助谷・黒部川出会(12:20) - 黒部ダム (14:35) - 扇沢 (15:20)

明けてみれば大荒れ

剱沢の朝

 

 

 

 

 

 

 

以後は壮絶で記録写真なし