蝶ヶ岳(2007.9.29)北アルプス専科

当初の計画は常念岳から蝶ヶ岳への日帰り縦走である。しかし安曇野市へ入る頃にはフロントガラスに雨が顕著に目立つようになってくる。いやな予感がする。6時を少し過ぎた頃には三股の駐車場へ到着するが相変わらずの天気である。しばし車の中で様子を見ていたが、特に雨が強くなる様子が無いので行かれるところまで出かけて様子を見ることにする。そうなると、岩稜歩きのある常念岳よりも蝶ヶ岳のほうが安全であるためあっさりと目的地を変更する。樹林帯の中は適当に雨よけにもなる。マメウチ平まで特に休むことも無くのんびりと歩くと、この頃には雨があがってくる。依然としてガスの中にいるが、この層雲の上がどうなっているかが気にかかる。蝶沢を渡ると、ここから一気に層雲の上に出た。下界は見事な雲海であるが、上は高層雲が覆っており近日中の雨を予感させるのに十分だ。紅葉には早いが常念岳も美しく良い眺めである。やはり無理しても常念岳から登れば良かったかとも思うが、下界の様子からすれば仕方ない判断であったろうと自分に言い聞かせる。稜線に出た途端穂高連峰と槍ヶ岳が目に飛び込んでくる。そして遠くには水晶岳が見渡せる。今日はもうこれで十分である。蝶ヶ岳ヒュッテで缶ビールを購入して景色を愛でて下山となった。年内に1度は常念岳へ登りたいものだ。

三股駐車場(6:50) − マメウチ平(8:20)  − 山頂(10:20-11:40) − マメウチ平(13:15)  − 三股駐車場(14:30)


 

鍋冠山の山頂から下は層雲(大滝山への分岐点にて)

蝶ヶ岳稜線からの穂高連峰

蝶ヶ岳稜線からの槍ヶ岳

雲海の上の常念岳