鑓温泉〜鑓ヶ岳〜唐松岳(2007.9.22-23)北アルプス専科

先輩からこの連休に鑓温泉へ行かないかとのお誘いがあった。場所にこだわりは無かったが、キャンプをしたいと思っていた折なので途中まで同行させていただくことにする。そんなことで割り出されたルートは、猿倉−鑓温泉−鑓ヶ岳−天狗山荘(キャンプ)−不帰の険−唐松岳−八方尾根というコースに決定。白馬にマイカーをデポして猿倉へ向かう。駐車場は満車に近い状態であるが、なんとかスペースを見つけて出発する。予想通り登山者のほとんどは白馬大雪渓に向かうため、鑓ヶ岳へ直接向かうコースは比較的静かである。冬道と違って、杓子沢方面へのトラバースが必要なルートであるため時間はかかるが、11時には鑓温泉に到着する。さっそく入浴してから、このメンバーお決まりのチーズフォンデューで昼食になる。約2時間十分に楽しんで皆と別れをつげる。登山道は最初斜度もあるが、しばらくするうちにカールの様な地形になる。ナナカマドが少し色づきはじめたようだ。トリカブト以外の花はあまり見られず秋を感じさせる。夏に来れば花畑がきれいなことであろう。稜線の天気もパッとしないが鑓ヶ岳のピークを踏んでから天狗山荘でキャンプを設営。ラジオの感度も良好で暮れ行く景色を眺めては酒を飲んだ。

明けて2日目、今日は唐松岳経由での下山である。稜線は雲の中といった感じだが、たまには景色も見えてくる。天狗の大下りを過ぎたところで先行する女性のパーティーに追いついた。不帰ノ険を歩くのは初めてということで同行を依頼された。今日は急ぐ旅ではないので先導して歩くことになる。核心部分は不帰の2峰の南峰までの鎖場までであろう。以後は迫ってくる唐松岳や時折顔を見せる剣岳を眺めながらの快適な稜線歩きになる。残念ながら唐松岳の山頂はガスの中、早々に唐松山荘まで下り一休み。山荘前ではバックホウがフトン籠を積み上げている。大きく切土して整地するのだろう。八方尾根だからこれも仕方無いことなのか。観光地化した八方尾根は語ることも無い。少し無理してでも遠見尾根を下れば良かったと反省した。

鑓温泉までは

約3時間30分

湯ノ入沢

入浴料は300円

2時間の宴会

そしてお別れ

小岩峰

コルにて

山頂はシロ

天狗山荘の

キャンプ地から白馬鑓

テンバ近景

コンビニの鮭おにぎりを玉子スープの素にいれて雑炊

ご来光は

拝めない

天狗沢

唐松岳

稜線

不帰1峰

遠くに剱岳の頭

難所で同行をお願いされて

ささやかなガイド気分

剱岳

不帰2峰

不帰2峰

遠くに剱

不帰3峰はトラバース

不帰3峰Dルンゼ

山頂はまたしてもシロ

唐松山草

唐松岳

八方尾根から不帰ノ険を眺める