蝶ヶ岳(2007.9.4)北アルプス専科

昨年の梅雨明け時に崩壊した林道の復旧が終わったとの事で、早速三股登山口から蝶ヶ岳へ登ることにした。林道から登山口の間に3箇所ほどきれいなアスファルト舗装がされているのでこのあたりが崩れたところだろうと見当をつけた。登山口には20台ほど車がとめられているが、ひと気はない。もう皆登り始めているのだろう。まめうち平を過ぎるまでは快調に登山者をパスして歩いたが、ペース配分を誤ったらしく蝶沢を過ぎた頃にはバテてしまった。この次期は花も少なくなってはいたが、トリカブトの群落が見事であった。山頂付近の松本平側はガスの中であるがこの季節はいつもこんな調子だ。残念ながら槍ヶ岳と穂高連峰も上部は雲に覆われている。それでもビールを飲みながら1時間30分ほど日向ぼっこしている間には、北穂高岳や涸沢岳の山頂が覗いたりもした。

十分楽しんでから下山する。入山時に山作業をしていた方と下山時も遭遇。装備は背負子に、鋸、杭、バンセン、大型ハンマーなどである。ちょっとおそい昼食を摂っていた。話によると間伐した木を利用して、土留めになるように地面に叩き込むのだが、地盤が固くて大変な苦労だとの事であった。ホリデー湯に入浴して楽しい1日が終わった。

 三股車場(7:20) - 登山口(7:35) - まめうち平(8:45) - 2280m(9:50) - 大滝山分岐(10:40) - 蝶ヶ岳(10:50-12:30) - まめうち平(13:50) - 三股駐車場(14:55)