白馬三山敗退(2007.8.17-18)北アルプス専科

毎日35度を越える暑い日が続いて嫌になる。お盆休暇はとることができなかったので、お盆明けの金曜日と土曜日に涼みに出かけようと計画する。槍ヶ岳を登らないかとの誘いを受けたが、灼熱の太陽を浴びながら槍沢を登る気にはならないので、雪渓歩きをすることにした。お手軽な候補地は、白馬大雪渓を詰めてキャンプ、翌日は白馬三山と鑓温泉というリッチな計画にした。

初日は、白馬大雪渓を登って山頂でのんびりするだけ。急ぐ旅ではないので猿倉出発は8時とする。金曜日にもかかわらず無料駐車場は八分の入りである。何人かの登山者に交って歩くが林道は太陽に炙られて大変暑い。たっぷり1時間もかかって白馬尻の小屋に到着する。しかしまだ雪が出てこない。雪渓がつながるのは更に10分ほど程登ってからであった。

大雪渓の末端は標高にして2000m少しであろうか。数十人の登山者全員がアイゼンを装着するためにザックをおろしている。傾斜はなだらかで雪はグサグサのスプーンカットであるため、普通の道より更に歩きやすいはずである。おそらく連鎖反応でアイゼンを装着しているのであろう。汚い雪渓ではあるが、さすがに雪の上は涼しい。快適に高度を稼ぐとアッと言う間に、雪渓の切れるモレーン状の場所に到着してしまった。左手にはまだ雪がつながっているが、登山道はアイゼンを脱いで土の上を歩けとの指示が出ている。昨年の崩落により登山道がつけかえられたのだろうか。ここからお花畑が始まり、稜線へ出るまでは目を楽しませてくれる。上部に目を向けるとガス模様である。吹き降ろす風もかなり涼しくて気持ちが良い。あまりにも快適に登ってしまったので12過ぎには、村営の小屋に到着してしまった。さすがにここまでくると涼しいどころか寒いくらいである。

キャンプの受付をすませてテンバに向かう頃には、あれだけの好天が一転して荒れ模様である。強風とガスでテントを張るのも大変である。入念に張り綱を確かめ暴風対策の石垣を積み終えてひと安心する。一息入れようとしたところ、隣のテントが風で飛ばされる。単独の女性であるため迷わずお手伝い。テントのポールも折れており大変である。テーピングテープで応急手当をして事なきを得るが、いろいろで1時間30分ほども時間を費やしてしまった。

テントの中で、ピークを踏みに行こうか考えるが相変わらずの霧と強風である。戻ってきたらテントが無かったというのは困るので昼食を兼ねて宴会モードに入る。今回は発泡酒500×2本と、焼酎220×2本1泊には十分だ。同じく冷凍して持ってきた肉と生野菜を炒めてつまみのできあがり。ビールがまだ凍っていたので、バーナーで湯詮をして、融かしてから飲むことになってしまった。まったりとした時を過ごしていると何やら物売りの声がする。聞き耳を立てると、小屋の食堂で作ったメンチカツとクリームコロッケを訪問販売しているらしい。それぞれ100円との事なので、1個づつお買い上げとする。さっそくメンチカツを頬張ると、確かにアツアツでなかなかのお味である。

相変わらず強風でガスが濃いが、さすがに暇なので小屋へ時間をつぶしに出かける。きれいな小屋でテレビまでおいてある。閉店となる4時30分まで存分に高校野球を楽しんだ。ところで、ここの宿泊は1泊2食で9000円とのことである。宿泊者に限っては、これに800円追加すると、ステーキのディナーセットが、限定30食でいただけるらしい。我々部外者が注文した場合は2300円とのことである。普通の食事はバイキング形式らしい。どちらが良いかはわからないが、メンチカツの味から想像するとディナーセットは、かなりお値打ちかもしれない。テントにも戻っても強風は続き、ついには雨になる。あまりお腹もすいてはいないが、暇つぶしを兼ねてカレーを作ることにした。例によって、持参した玉ねぎと、コンビニで売っている、つまみ用の鳥の燻製を、「ハウスこくまろカレー」で煮込んでみた。本当に暇なので、丁寧にアクをとり、仕上げに先ほど買い求めたクリームコロッケをのせて出来上がり。これをつまみに安くて不味い焼酎を飲んだ。夜半は、更に強い雨と風であったが、持参したデジタルオーディオで音楽を聴きながら寝入ってしまったので苦になることはなかった。やはりツェルトと違ってテントは暖かいものだ。

日は変わって土曜日。本日の予定は白馬岳をピークハントしてから、杓子岳、鑓ヶ岳と回った後、鑓温泉に入浴するのである。ところが朝起きるとガスで真っ白である。しかもポツリポツリと雨が残っている上に朝から風がある。確か天気予報でもピーカンになることは無かったはずだ。そういえば以前、鑓温泉分岐のコルで強風にさらされて立ち往生し、道標にしがみついて吹き飛ばされないように伏せていた苦い記憶が蘇った。時刻は午前4時30分、完璧にモチベーションが下がり撤収を決定。急いでカップラーメンの朝食をすませ、午前5時に雨の中を出発する。雪渓では、折角なので持参したアイゼンを装着するが、とりたてて休憩することが無く午前8時には無事猿倉の駐車場に下山した。

入山は8時

林道歩き

白馬尻山荘

結構なにぎわい

汚い雪渓を

少し歩く

新しい夏道は

右手についたのか

大雪渓を振り返る

お花畑

上部はガス模様

ハクサンフウロ

シナノキンバイ

クルマユリ

小雪渓は花畑

白馬方面

小屋付近で

風が強くなる

強風とガスで山頂は断念

テント張りをお手伝い

オクラを焼いて

肉野菜炒めをつくり

早速乾杯

出来立てを出張販売

テンバは風とガス

暇なので時間つぶしに

小屋へ遊びに行く

ビール大は700円

小屋で野球観戦

カニコロッケカレー

これがつまみ

朝は霧雨

シナノキンバイ

ミヤマトリカブト

速攻で下山